InDesign初心者向けの本やWebサイト、オススメの紙屋さんなど

ワークショップの時に良く質問があるので、InDesign初心者向けの本や参考になるWebサイト、オススメの紙屋さんなどを簡単にですがまとめてみました。

InDesign初心者向けの動画

【InDesign入門】複数ページのレイアウト 1/5 複数ページの新規ドキュメントを作成する|-アドビ公式- – YouTube

オススメのInDesignのツール・プラグイン

PDF貼魔王X

https://tu-kazu.jp/dtptool/pdfharimaou/

PDFを「ブックレットにプリント」の様に配置できるソフト

InDesignの使用で悩んだときによく見るサイトや書籍

InDesignの勉強部屋 | study-room

https://study-room.info/id/

InDesign 使い方の基本【初心者向け】 | バンフーオンラインショップ

https://www.vanfu.co.jp/column/design-software/in-design_basics.html

DTP Transit

https://twitter.com/DTP_Transit

DTP全般なのでInDesign以外の情報もありますが最新のTipsなどはここが早い

InDesignパーフェクトブック CC 2018対応

オススメの紙屋さん

紙名手配

https://www.shimeitehai.co.jp/

1枚から紙を買えるネット通販 紙販売のPapermall(ペーパーモール)

https://www.kpps.jp/papermall/

紙販売、検索と印刷の紙アラカルトe紙季彩〈丹羽紙業〉

http://www.niwa-p.co.jp/

竹尾

https://www.takeo.co.jp/

Header image: Gerd AltmannによるPixabayからの画像

謎の印刷用紙『ドゥバンセマット』

『ドゥバンセマット』

このマット紙の名前をご存じの方はおられますでしょうか?

最近、初めて名前を聞いた印刷用紙で、ネットで検索しても出てきませんでした。

人づてに聞くと、三菱製紙の既存用紙のOEM版ということ。

ご存じの方がいたらコメントなどで教えていただけたらうれしいです。

2021.02.05追記

Twitterに商標速報botというアカウントがあり、そこに以下の様な記載がありました。

2018年11月26日に三菱製紙が紙類の商標として出願しているみたいですね。

やはり、紙の特徴が気になります。

私が紙を買う時によく使うオンラインショップ

個人制作している写真集の印刷用紙を買うため、『個人向けに紙を1枚から販売しているネットショップ』で用紙を注文しました。私がよく使う2つのショップ『PAPER MALL(ペーパーモール)』『紙名手配(しめいてはい)』について簡単にご紹介します。

PAPER MALL

1枚から紙を買えるネット通販 紙販売のPapermall(ペーパーモール)
https://www.kpps.jp/papermall/

b7トラネクストやb7バルキーなど、本文用紙を扱っています。

全紙での販売になるのでA3やA4に断裁してもらう場合、一銘柄(厚さ)あたり900円近くの加工料がかかります。

地域にもよると思いますが(私は東京住まい)注文から配送までは1日程度でかなり早い印象です。

紙名手配

紙名手配 | ホーム
https://www.shimeitehai.co.jp/

こちらはファインペーパーを多く取りそろえています。

今回はOKカイゼルを購入しました。

断裁料も込みの値段になっています。

いつも使うのは上記の2店ですが、他にも良さそうなショップが見つかったらご紹介したいと思います。

京橋紙業のペーパーショールームへ。直木賞作品分析の企画展が面白い!

テスト印刷用紙を探しに、久しぶりに京橋紙業のペーパーショールームに行きました。

都営浅草線の東日本橋駅から徒歩5分くらい。普段はあまり来ない駅です。

相変わらずペーパーサンプルが豊富に揃っていました!

さらに、今だけの企画なのか、直木賞受賞作品の用紙を分析している企画展が!

10回分を総括しての考察などもあり、大変勉強になりました。

展示風景
この様な分析が置いてあります。これは本文
カバーについて
帯について
表紙について
見返しについて
扉について

竹尾などのショールームと比べるとややマニアックな感じですが、その分、得られる情報も濃いです。

また定期的に足を運びたいと思いました。

関連する記事

「紙博 in Tokyo 2019」へ。会場の雰囲気と購入した戦利品を紹介!

2019年7月13日、14日に浅草の東京都立産業貿易センターで開催された紙の祭典『紙博 in Tokyo vol.3』に行ってきました。

会場の雰囲気や気になったブース、購入した戦利品などをご紹介します。

訪問したのは14日日曜日、10:00オープンの会場に10:30くらいに到着したのですが、既にものすごい人でした!

会場は大盛況!

会場は、産業貿易センターの4階と5階の2フロアを使用。

入場料が500円かかります。パスをもらえるのでどちらかのフロアで支払いをすれば、4階と5階の行き来は自由です。

紙で作られたイベントロゴのバッグがディスプレイされています
これも出展している作家さんによる作品のようです
素敵なデザイン

戦利品①:WORKERS’ BOX

デザインユニット「HI MOJIMOJI(ハイモジモジ)」さんによる、すごく便利なボックス型の書類フォルダー「WORKER’S BOX」を購入しました。

紙袋もオリジナル
これを3冊購入

WORKERS’ BOXは公式WebサイトやAmazonなどでいつでも購入できるのですが、イベント会場で買うと1冊ずつ買える上に送料がかからないのでかなりお得になります。

WORKERS’BOX | 書類を案件ごとに「全部まとめて」片づけるボックス
https://www.workers-box.com/

ハイモジモジ ワーカーズボックス 紙製A4書類収納箱 10冊セット

会場で気になったブース

空押しができるエンボッサーキット

自分で紙などにロゴや模様を刻印できるエンボッサーキットが売っていてちょっと気になりました。

ただし、1セット18,000円で模様を変える毎にエンボスの型代が11,880円かかるという事でショップなどを経営されている方が自分のショップグッズを作る場合などは便利そうですが、試しに買うにはなかなかシビアな価格だと感じました。。。

Webでも購入できるようです。

EMBOSSER STAMP | あなたの図案がエンボスになる。エンボッサー、エンボススタンプ作成
http://hightide.co.jp/embosser/

こちらの作家さんのブースにあった、QRコードを紙袋に印刷して展示するアイデア、とても良いと思いました!

QRコードってどうしても無機質になりがちなのですが、紙袋に印刷することでグッズっぽくなり、かわいさが出ます。

遠くからでも読み込めそうなサイズなのも効果的ですね。

戦利品②:スクラップブック

手紙社さんの本コーナーに陳列されていた個人のスクラップブックがとても興味深く、そのうちの1冊を購入しました。

『Picture of Passed Days』と書かれたアルバム

何のスクラップブックかというと…..

このように、1964年東京オリンピック当時のタバコのパッケージを採集した内容になっていました。

今のように健康に対する警告表示をする必要性も無かった時代なので、デザインの自由度が高く、印刷もとても綺麗です。

抽象形態を用いたデザイン、シンプルでとても可愛いですね!

タバコのパッケージの表面なので、決して大きくない面積ですが、グラフィックデザインの見本市のようになっています。

オリンピックの記念のピクトグラムを用いたデザインもあり、素敵です。

紙博ならではの、普段なかなか入手できない貴重な資料を購入することができたので、行って良かったです。