クレジットカード変更時の申込先メモ:各種公共料金/サブスクリプションサービスなど

クレジットカードを番号が新しくなると、各種公共料金やサブスクリプションサービスに登録しているカードも変更しなければいけません。そのリンクを探すのがなかなか大変なので、メモとしてまとめておこうと思います。

公共料金

◆国民年金保険料

https://www.nenkin.go.jp/shinsei/kokunen/kokunen.html#cms200

「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」をダウンロードと印刷をし、記入して送付します。

◆東京ガス

https://home.tokyo-gas.co.jp/gas/ryokin/card_moushikomi.html

インターネットで手続き可能です。

◆東京電力

https://www.tepco.co.jp/ep/private/payment/payment06.html

インターネットで手続き可能です。

◆東京都水道局(水道料金)

https://www.waterworks.metro.tokyo.lg.jp/tetsuduki/ryokin/shiharai/#credit

23区と多摩地区26市町ではクレジットカード払いが可能です。申込用紙を取り寄せるか、東京水道マイネットというサービスに登録すると、インターネットで手続き可能になるようです。

サブスクリプションサービス

どれに入っているかは個人差があると思いますが、私が使用しているものとして。

◆Adobe Creative Cloud

https://account.adobe.com/plans

◆Microsoft Office365

https://admin.microsoft.com/AdminPortal/Home#/subscriptions

◆Amazon Prime

https://www.amazon.co.jp/gp/primecentral/home

◆SPOTIFY

https://www.spotify.com/jp/account/subscription/update-payment-details/

◆NETFLIX

https://www.netflix.com/simplemember/managepaymentinfo

◆Radiko Premium

https://faq.radiko.jp/faq/show/44?site_domain=default

一度解約してから新たにアカウントを作り直すようです。

ひとまず以上です。

カードの変更はなかなか手間ですよね。

参考していただけたら幸いです。

Header: Pabitra KaityによるPixabayからの画像

[注意!]ストウブ鍋のフィッシングサイトに引っかかり、楽天カードのカード番号を抜かれてしまった

ストウブ鍋のフィッシングサイトに引っかかり、クレジットカード番号を抜かれてしまいました。

ストウブの鍋を買い直そうとして、セール情報を探していたところ、70%OFFになると書かれたサイトを発見。
検索からたどり着いたからなのか、何故か信じてしまい「安い!」と思い、購入へと進んでしまいました。
サイトの動作が異様に重かったので、その時点で気づくべきだったと思います。

フィッシングサイトのスクリーンショット:URLはhttps://www.frcookwerapot.com/

商品をカートに入れて、住所氏名、クレジットカード番号を入力して支払いボタンをクリック。

しかし支払いエラーが出てしまい、購入できない。

何度か繰り返しても支払いができず、サイトの注文履歴になぜか注文したストウブが2個、ストックされていました。

このあたりで「もしや….」と思ったのですが、良く見るとサイトに記載している日本語も怪しい、、、、

クレジットカード情報を抜くフィッシングサイトだと気づきました。

ヤバい!

と思い、すぐに使用した楽天カードを止める事に。

カスタマーデスクに連絡しました。
幸い、楽天ゴールドカードを契約していたので、「楽天プレミアムカードデスク」という専用のナビダイヤルを使う事ができました。 一般のカスタマーデスクよりもつながりやすくなっています。

「楽天プレミアムカードデスク」の電話番号はカードの裏面に記載されています。

すぐに電話がつながり、オペレーターの方と話し、カードを停止&新しいカードを発行してもらう手続きをしました。

不正利用のアクセスはブロックされていたようです。

その後、フィッシングサイトへ戻り、サイトに登録した住所氏名をデタラメなものに変更しました。

住所や電話番号も悪用される恐れがあるので、このようにした方が良いそうです。

不正利用は防げましたが、新しいカードが届くまで、これまでのものは使えないのと、
カード番号が新しくなったので、様々なカード引き落としを変更しないといけません、、、、

今回のまとめとして、

フィッシングサイトにクレジットカード情報を入力してしまった場合、
すぐにカード会社に連絡をし、カードを停止してもらう

ことが大事だとわかりました。
皆さんもお気をつけてください。

Header: B_AによるPixabayからの画像