カテゴリー
Food

桜新町の生パスタ専門店 カレン (Karen)でミートカルボ!

世田谷の桜新町にある生パスタ専門店『Karen』さんに休日ランチでうかがいました。

場所は、サザエさん通り商店街を通り、交番のさらに先を246方面に向かったあたり。桜新町の駅からは徒歩8分程度でしょうか。

店舗外観

とにかく生パスタ押しということが伝わる外観。

店内は、席数はカウンターを含めても15席くらいだと思います。

祝日のランチタイムだったのですが、駅から少し離れた穴場なのか、少し待ったら入ることができました。

初訪問なのでお店の看板メニュー『ミートカルボ』のランチセットを注文!サラダ付きで1170円というお手頃な価格。

セットのサラダ

まずはセットのサラダ。ランチのおまけ程度に考えていたのですが、オクラやブロッコリー、ベビーコーンまで入っていてたくさんの種類の野菜を摂ることができます。これは嬉しい!

パプリカのシャキシャキ感も感じられて、満足度の高いセットサラダです。

そしていよいよメインの『ミートカルボ』が到着。

Karenの名物ミートカルボ

トマト風味のあるカルボナーラソースに、ダイス状の豚肉が入っています。私に取っては新感覚のカルボナーラでしたが、濃厚なソースがクセになります!

そして何より、生パスタがもっちりしていて大変美味しい!

このパスタ麺を食べるためだけでもこちらのお店に来たいと思うもっちり感です。

この『ミートカルボ』、さすが看板メニューなだけあって、Karenさんの魅力が伝わる大満足な一皿でした。

他のパスタも気になったので、またぜひ再訪したいと思います。

(注)お会計は現金のみでした。

カテゴリー
Food

OGAWA COFFEE LABORATORY 桜新町で贅沢な朝食を!

2020年8月に世田谷の桜新町にオープンした『OGAWA COFFEE LABORATORY』に行ってきました。オープンして2週目の週末とそこからさらに2週間後の2回行ってきたので店内の様子やメニューなどをご紹介します。

混雑具合と店内の雰囲気

オープンして2週目の週末、朝の7:00ちょっと過ぎに訪問しました。

7:00開店なのですが、この時点で3組ほどの待ちがあり、私もその後に並びました。

15分くらいで入れたので、そんなに待った感じはしなかったのですが、私が並んでいる間にもどんどんお客さんがやってきて、そこからが外にも並ぶ列ができた感じです。

入り口から注文口付近の様子を以下にご紹介します。

入り口。待ちが多い場合、外に列をつくる
2階はゴルフスクール
注文口。飛沫対策もバッチリ

オープン当初だったからなのかはわかりませんが、「現金専用レジ」があり、そこで良ければ、と早く案内してもらえました。

入り口付近のスペース。ここで既にオシャレ!

入り口入って左奥の席に通されました。

ソーシャルディスタンス対策で、一席空きで座る感じになっていて安心です。

私が座った席からの眺め
案内番号の札
奥に焙煎機がありました。本格的なコーヒーショップだということが伝わり、ワクワクします

注文した料理

選べるモーニングメニューの中から、『炭焼きバタートースト 茹でたまご添え(エッグスタンド)』を注文しました。

パン(トースト)の種類を2種類から選び、そこにどんなおかずとコーヒーをつけるか選ぶシステム。

コーヒーはこちらのお店の定番である『ハウスブレンド京都』を選択。

こちらのブレンドの場合はセットの料金内で注文ができます。もちろん、豊富なシングルオリジンの豆や本格的なバリスタさんにハンドドリップで淹れてもらうこともできます。

その場合は、このハウスブレンド京都(500円)との差額をプラスオンで支払う感じのようです。

カトラリー入れ
セットのサラダ

こちらのサラダ、セットについてくるものだから、、、と甘く考えていたのですが、野菜がとてもみずみずしくてすごく美味しかったです!!

生で食べられるナスなども入っていて食材へのこだわりを感じました。前菜のサラダでこの美味しさということで、期待が膨らみます。

炭焼きバタートースト 茹でたまご添え(エッグスタンド)

そして、メインのトーストと茹でたまごが来ました。

トーストに使われている食パンは池尻大橋の名店、『TOLO PAN Tokyo』の食パン。以前から気になっていたのですが行けてなかった店なので、このお店で食べられるのは嬉しいです。

全粒粉のパンとパンドミから選べるのですが、今回は全粒粉のパンにしました。

フワッとした食感で口の中に幸福が広がります。

また、パンに乗っているバターが美味しく、普段家で食べてるバターとは別次元の濃厚さで、塩もしっかり効いていました。

このバターは家でも食べてみたい!

茹で卵もトロトロの半熟でエッグスタンドで食べると贅沢な気分になります。

お料理が出てくるまではわりと時間がかかりますが、その分、贅沢な朝を過ごしている感覚がします。

この空間で朝食を取れる贅沢さ!

店内のインテリアも細部までデザインがこだわられていました

トイレの洗面所も見たことのないデザイン!
光が大きく入る建築
コーヒー器具も絵になります
店内で販売されているお店のグッズ
カップやドリッパーなどオリジナルのグッズが展開されています

2回目の訪問

モーニングメニューが豊富だったので、2回目もすぐに訪問しました。

この時は
『炭焼きバタートースト&トマトのグリルとハム、ルッコラ、パルミジャーノのプレート』を注文。

メニューにも大々的に写真が使われているのでお店でプッシュしているのだと思います。


『炭焼きバタートースト&トマトのグリルとハム、ルッコラ、パルミジャーノのプレート』

焼きトマトが大変ジューシーで、まるでステーキのようです。

パルミジャーノのハムも塩みが効いていてパンと合います。

そして今回も、TOLO PAN Tokyoの全粒粉パンとこのバターの組み合わせは最高でした!

今度はディナーの時間や、ケーキなどのスイーツも豊富なのでお茶の時間にも行ってみたいと思います。

満足度:★★★★★

カテゴリー
Food

「PIZZERIA CIRO 桜新町店」で本格窯焼きピザランチ!

東急田園都市線、桜新町駅から徒歩5分。サザエさん通り沿いにある「PIZZERIA CIRO」さんで平日ランチをいただきました。

本格的な窯焼きピザが楽しめるこちらのお店。この日はランチのAセットを注文しました。

10種類の中から選べるピザと、サラダ/ドリンク/ドルチェの中から一品を選べます。

選んだピザはトマトベースのしらすピザ!

しらすと小エビ、ガーリックがたっぷり!

こぼれ落ちそうなくらいたっぷりのしらすと小エビがシチリアの海を感じさせてくれます。

カリッと焼かれたガーリックも相まって、香りを堪能できるピザでした!

さらに嬉しい事に、食後にサービスとしてブラッドオレンジとバニラのシャーベットまでいただいてしまいました。

サービスでいただいたシャーベット

ピザの後のシャーベットはサッパリして格別です!

この日は後に予定があり、あまりゆっくりは出来ませんでしたが、夜のメニューも美味しそうな物が多いのでまた是非行ってみようと思います!

満足度:★★★★

カテゴリー
Food

『麺処さとう 桜新町店』で特製つけ麺をいただく

東急田園都市線、桜新町駅徒歩1分くらいの距離にあるラーメン屋。

ランチの時間帯はいつも外まで人が並ぶくらい混んでいるのですが、今回は平日夜に訪問。

カウンターもテーブル席も空いていて、すぐに着席することができました。

「魚介豚骨特製つけ麺」(1130円)を注文。

「魚介豚骨特製つけ麺」(1130円)
濃厚な風味の魚介豚骨スープ

3種類の特製チャーシューと、白ワインで風味付けをした煮卵がついていてかなりゴージャスな内容!

スープも濃厚な魚介の風味で、このお店の名物つけ麺を存分に味わうことができました。

次回は是非、夜限定の台湾まぜそばにチャレンジしたい!

満足度: ★★★★

カテゴリー
Food Life

象印のコーヒーメーカー「珈琲通 EC-AK60-TD」を1年ほど使用した感想

コーヒーが好きでプライベートや仕事中など、一日に3杯は飲みます。

仕事中に飲むために象印のコーヒーメーカー「珈琲通 EC-AK60-TD」という機種を買ってみました。1年ほど使用したのでレビューしてみようと思います。

象印 コーヒーメーカー 6杯用 EC-AK60-TD

購入動機

時間がある時はハンドドリップでコーヒーを淹れているのですが、仕事中はそこまで余裕が無いので、コンビニのドリップコーヒーなどを購入していました。

しかし、やはり塵も積もれば山となる、で毎日飲むとなるとランニングコストが気になってきました。

そこで、いくつか検討した上で本機を購入しました。

◎良い所

味:★★★★

まずは一番重要な味から。

コンビニのドリップコーヒーよりほんの少し劣る感じですが、ほぼ同等と感じました。

セブンイレブンの青いキリマンジャロコーヒーのような、1ランク上の商品よりは味が劣りますが、スタンダードな価格の物とは十分に戦えます。

特に、「レギュラー(ふつう)」「ストロング(濃い)」の2段階をレバー切り替え出来る機能がついているので、濃いめのコーヒーが好きな私にとっては、「ストロング(濃い)」に設定しておけばかなり良い感じの味で抽出出来ました。

スピード:★★★★

早い!と感じるほどではありませんが、水を入れてコーヒーの粉をセットし、ボタンを押すだけなので十分に手軽です。

本体価格:★★★★★

私が購入したときは近所の電器店で本体価格4,000円程度でした。

これは安い!と感じます。

コーヒーメーカーを買うのも数年ぶりだったので、どれだけ使うか分からないけどお試しで、というには十分過ぎるコストパフォーマンスです。

掃除のしやすさ:★★★★★

水を入れるタンクを取り外して洗えるので、清潔に保つことが出来ます。

以前使用していた機種ではこのタンクを取り外し出来なかったので、カルキなどで汚れてしまい使いたくなくなってしまいました。

こういった機器において、洗いやすさというのはとても重要な要素になります。

△イマイチな点

パーツのチープさ:★★

これは価格相応、という感じなのですが、グラス以外はほとんど全てがプラスチック製なのでチープさが気になります。

チープに見えるだけなら良いのですが、「立て付けの悪い住宅」のように使いづらさに繋がっている部分もあります。

それが、ドリッパーをセットするホルダーの部分です。

手前に引き出すタイプなのですが、ここのヒンジがかなりチープで、引き出すときにホルダーごと外れる事が多くてストレスを感じます。

例えるなら、窓の網戸が開け閉めする度にレールから外れてしまうような感じでしょうか。

ガラス容器がとても割れやすい:★

本機を使う上で私が一番困ったのはこの部分です。

熱を通すためなのか、かなり薄いガラスが使用されていて、とても割れやすい仕様になっています。

私の不注意といえばそれまでなのですが、本機を使用していてこれまで2回もこのガラス容器を落として割ってしまいました。

こちらのガラス容器、単品で買うと2,500円くらいかかってしまいます。

つまり、2回買い替えると本体が買える金額になってしまうという事です。

こういった状況もあり、2回目に落として割ってしまって以来、ガラス容器は買い足さずにしまっています。

ガラス容器はこちらの型番の物となります。

象印 コーヒーメーカーEC-AK60-TD用ガラス容器(ジャグ) JAGECAJ-TD

まとめ:EC-AK60-TDがおすすめなのはこんな人

  • コンビニコーヒー程度の味をおうちで手軽に飲みたい
  • 事務所などで1度に数人分のコーヒーを淹れたい(本機は6杯まで同時に淹れられます。)
  • コーヒーメーカーを初めて試してみたい
  • 広い台や安定したテーブルに置くことができる

このような感じになりますでしょうか。

小規模のオフィスなどに特にオススメのコーヒーメーカーです。

おまけ:EC-AK60-TDでマグカップ1人分にコーヒーを淹れる時の分量

私が飲む時は、水をタンクのコーヒーカップマーク1.5杯分の量、粉を付属のスプーンで2杯入れています。

フィルターはこちらの物を使用しています。

カリタ Kalita コーヒーフィルター 101濾紙 箱入り 1~2人用 50枚入り ホワイト #11001

ヘッダー:Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像