ネトフリで韓国映画:新感染、新感染続編、悪人、を観た。ク オリティの高さに感動!

Netflixで韓国映画をいくつか観ました。CGを使ったアクションシーンなど、クオリティがとても高くて驚きました。
作品をご紹介します。

新感染 ファイナル・エクスプレス

韓国版ウォーキング・デッドとも云えるゾンビ映画。
走り続ける高速鉄道の車内で展開されるゾンビウィルスの広がりはとても緊張感があります。
そしてゾンビが素早い!ウォーキング・デッドのゾンビは基本、走ったりしないのですが、韓国版のゾンビは動きがとても早く、怖さが倍増します。

ゾンビ物なのでグロテスクなシーンも多いですが、家族愛など感動するシーンもすごくあり、名作と云われる理由が分かります。

韓国映画を語る上では外せない作品では無いでしょうか。

オススメ度:★★★★★

新感染半島 ファイナル・ステージ

新感染の続編。これは、個人的にはイマイチな続編になってしまったという印象でした。
ゾンビ物にありがちなのですが、1作目はゾンビが未知の世界で、ゾンビ自身がとても恐ろしいのですが、ストーリーが続くほどにゾンビは添え物になり人間同士の争いになってしまう。 この新感染の続編でも、ちょっとその残念感がありました。
しかしアクションシーンはパワーアップ!ハリウッドの大作映画かと思うくらいのアクションシーンのクオリティで、クライマックスはしっかり引き込まれました。 続編のジレンマにとらわれてしまった感はありますが、見所はある作品です。

オススメ度:★★★

悪人伝

ノワールもの。ヤクザの組長とヤクザ顔負けの刑事がタッグを組み、猟奇殺人犯の逮捕を目指すストーリー。
この作品はすごく面白かったです!
新感染1作目に出演し、とても印象に残る良い演技をしていたマ・ドンソクがヤクザ組長役として主役を張っています。
シンプルなストーリーで爽快感もあります。
ヤクザや犯罪物が苦手な方でなければとても楽しめる作品だと思います。

オススメ度:★★★★★

他にも、気になる韓国映画がたくさんあるので、少しずつ観てみようと思います。

Header: Brigitte is happy … about coffee time :))によるPixabayからの画像

韓国ドラマ『梨泰院クラス』にはまり、辛ラーメンを食べる

Netflixでドラマ『梨泰院クラス』を見始めて、そのあまりの面白さに韓国ドラマにはまりました。

『梨泰院クラス』公式予告編 – Netflix

韓国ドラマはこれまで食わず嫌いだったのですが、製本作業の合間にイカゲームを観てみたら、日本ドラマではあまり見られ無い人間の本質的なダークさなどを描いていて韓国の文化を含めて興味がでました。

『イカゲーム』予告編 – Netflix

作業中にながら見するので、字幕では無く日本語吹き替えで観る様にしたので純粋に内容に入り込めたのかもしれません。

イカゲームの後、以前話題になっていた梨泰院クラスを観てみたところ、あまりの面白さに止まらなくなりました。

まず、タランティーノ作品が大好きな私としては復讐物、というだけで興味深いです。
残酷さや熱さなど、視聴者の感情を大きくゆさぶるシナリオ。どの登場人物にも憎めない人間的な魅力があります。

そして、主人公チームが成り上がるにつれてゴージャスになっていくファッション!
特に主人公パク・セロイとヒロインのチョ・イソの衣装はシーンが変わる毎にファッションショーの様に切り替わり、楽しませてくれます。
このように衣装でも魅せてくれるというのは、以前観ていた女流チェス物語、クイーンズギャンビットにも通じるものがあります。

チェスでは誰にも負けたくない | クイーンズ・ギャンビット | Netflix Japan

この記事を書いている現在、第14話まで見終わりました。残りは2話。毎回衝撃的な出来事が起こる作品ですが、物語がどのような結末を迎えるのか、とても楽しみです。

梨泰院クラスは料理の物語でもあるので、物語内に美味しそうな韓国料理がたくさん登場します。
私もそれで影響を受け、初めてインスタントの辛ラーメンを買って食べてみました。

農心 辛ラーメン120g 20袋(5袋入×4)セット


調理方法は商品の袋に書いているとおりなのですが、お湯で麺、スープ、肉を茹で、野菜はレンジで蒸した物を乗せて食べるスタイルにしました。

辛ラーメン

辛いけど美味い!唐辛子のカプサイシンによって身体中の毛穴が開いたかの様に汗が出ます。
寒い時期には身体が暖まるのでなおさら良いですね。
ひとしきり、麺と具を食べたら、最後は残ったスープにご飯を入れておじやの様にして食べます。なかなか罪深さを感じる食べ方ですが最高に美味い!

まだ、なかなか韓国には旅行に行けないので韓国料理を食べて文化を味わいたいと思います。

Header image: Carla JankowskiによるPixabayからの画像