最近聴いている音楽:Jin Dogg、REAL-T、RYKEYDADDYDIRTY(2022.05.21)

最近聴いている音楽をご紹介します。主に日本のヒップホップです。

Jin Dogg – ” 街風 ” feat. REAL-T

Jin Dogg – ” 街風 ” feat. REAL-T

関西のヒップホップは疎かったので、これほどカッコイイアーティストを今さらになって知りました。

大阪生野区出身のJin DoggとREAL-Tによる曲。

素晴らしいです。

RYKEY / REAL AIR LINE feat.REAL-T

RYKEY / REAL AIR LINE feat.REAL-T

RYKEYのアルバム『DEMO TAPE』に入っている曲。

この曲でREAL-Tのラップを初めて聴きました。

RYKEYの太めの声と対照的な高い声のラップがとても良いと思い、featの相手についても調べてみたら関西では有名なラッパー、REAL-Tでした。

REAL-T – ” SERENA ” (prod.FEZBEATZ)

REAL-T – ” SERENA ” (prod.FEZBEATZ)

REAL-Tの曲ではこれが一番好きかも知れません。

始めの、車の名前だけをひたすら並べるバースが最高に頭に残ります。PVも楽しそうなのがすごく良いです。

REAL-T – ” INSPIRATION ” feat. 漢 a.k.a GAMI

REAL-T – ” INSPIRATION ” feat. 漢 a.k.a GAMI

漢さんがfeatしている曲。最近の漢さんの曲ではここまでイリーガルな雰囲気の曲は少ないので、PVの演出も含めてREAL-Tとのコラボがすごく良い感じです。

REAL-Tはラップしているときの動きもカッコ良くて好きです。

REAL-T – ” REAL業界 “

REAL-T – ” REAL業界 “

REAL-Tといったらやはりこの曲が有名ですね。

PVとは異なりますが、こちらのJin DoggとREAL-Tのインタビュー動画も非常に面白かったです。アーティストのバックボーンを知ると曲の深みが増しますね。

密着:Jin Dogg × REAL-T 『街風』が吹く、生野区にて
『串源』訪問 Jin DoggとREAL-Tの大好物「コブクロギャング」

RYKEYDADDYDIRTY / ALL GODS BLESS ME

RYKEYDADDYDIRTY / ALL GODS BLESS ME

RYKEY改めRYKEYDADDYDIRTYの最新の曲の中ではこちらが一番好きです。Spotifyで何度も聴いてます。特にサビが泣けます。

カラオケに入ったら絶対に歌いたい!

RYKEYDADDYDIRTY / SATIAN feat.MU-TON

RYKEYDADDYDIRTY / SATIAN feat.MU-TON

MU-TONがfeatしているこちらの曲もとても良いです。


RYKEYDADDYDIRTY(REKEY)は元々好きだったので最近また活動を活発化していて嬉しいです。Jin DoggとREAL-Tは私が最近知った凄いラッパー、という感じなので今後の活動が非常に楽しみです。

最近聴いている音楽(2018年12月1日)

最近聴いている音楽をご紹介します。

ほぼ、日本のHip-Hopです。

WILYWNKA『SACULA』

毎日のように聴いてます。流行のスタイルを取り入れつつも、生い立ちや人生観を感じさせるリリックが染みます。

なによりラップが上手い!

 

TENG GANG STARR『ICON』

もともと、ラップに限らず掛け合いのあるツインボーカルの曲がかなり好きなのでこのユニットの曲はハマりました。

男女で、二人のキャラクターのバランス感もすごく良いし、キャッチーです。

 

RYKEY『John Andersen』

声が反則とも言えるくらい渋くてカッコいいです。

リリックも生き様や考え方が反映されていて耳に残ります。

 

漢 a.k.a. GAMI『ヒップホップ・ドリーム』

ヒップホップ・ドリーム
Posted with Amakuri at 2018.12.1
漢 a.k.a. GAMI
鎖GROUP

MSCやソロになったばかりの時期の曲も勿論カッコいいのですが、40過ぎて日本でHip-Hopを続けることの難しさを歌っているこのアルバムは今の漢さんにしか書けない曲だと思います。

素晴らしい!

 

KID FRESINO『ai qing』

爽やかな気分で聴けるアルバム。

 

BAD HOP『BAD HOP HOUSE』

 文句なしにカッコイイ!

 

最近聴いているのはこのあたりです。

Hip-Hopは若いアーティストが勢いがあるので、聴いてて良い刺激になります。