最近良く聴く「ストローマン論法」ということば。議論の場で用いられる(あまり良くない)手法とされています。

「ストローマン論法」についてまとめました。

ストローマン論法とは?

ストローマン論法とは、攻撃や反論を容易にするために、誰かが相手の立場を歪めたり、誤って伝えたりする修辞技法です。 「ストローマン」という用語は、少しの力で倒すことができる比喩的なストローマン (簡単に倒せる敵) を作成するという考えから来ています。

ストローマン論法の特徴

ストローマン論法が通常どのように機能するかは次のとおりです。

1. 不実表示

ストローマン論法を組み立てる人は、相手の元の議論や立場を歪めます。 この虚偽の表示は通常、実際の立場を単純化または誇張したものです。

2. 歪曲された議論を攻撃する

攻撃者は、相手の本当の議論に取り組む代わりに、批判や反論が容易な歪んだバージョンに焦点を当てます。

3. 勝利を主張する

歪んだ議論を攻撃することに成功した後、ストローマン論法を構築した人は勝利を主張し、相手の立場を効果的に論破したことを示唆する可能性があります。

まとめ

ストローマン論法は、相手の議論の本質と乖離しているため、誤りであると考えられています。

相手の立場を誤って伝えたものを攻撃することで、相手の立場が弱い、または非論理的であるという誤った印象を与えます。

議論やディベートではストローマン論法に注意し、建設的な対話を促進するために対立する意見を公正に表現するよう努めることが重要です。

ストローマン論法の使用を認識し、避けることは、より有意義で敬意を持った会話に貢献します。

議論の場で、自分も相手も共に使わないように気をつけたいと思います。

Header: Chang Zun ShiによるPixabayからの画像

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA