染井為人さんの小説「正体」をAudibleで読みました。
面白かった点とイマイチだった点をご紹介します。

あらすじ・解説

埼玉で二歳の子を含む一家三人を惨殺し、死刑判決を受けている少年死刑囚が脱獄した! 東京オリンピック施設の工事現場、スキー場の旅館の住み込みバイト、新興宗教の説教会、人手不足に喘ぐグループホーム……。様々な場所で潜伏生活を送りながら捜査の手を逃れ、必死に逃亡を続ける彼の目的は? その逃避行の日々とは? 映像化で話題沸騰の注目作!

Audible版 あらすじ・解説より

面白かった点

脱獄した死刑囚の少年が逃亡先で出会う様々な人たちと
人間関係を築いていくドラマ性

章ごとに別の小説かと思うくらいシーンが変わるのですが、逃亡している少年が色々な登場人物と交流を深めていく描写が面白かったです。
少年と関わる人達も、自分自身が抱えてる問題を、少年との関わりの中で解消していくようにも書かれていて、一人ひとりの綴るドラマが印象に残りました。

個人的には、最初の方の、元不良の少年の話と、編集者の女性とのエピソードが面白かったです。

イマイチだった点

少年の結末

結末のネタバレになるので、具体的書くのは避けますが、こうなるのかぁ…。と個人的には思ってしまいました。筆者も読者の意見を気にされていたようで、あとがきでフォローが入っていました。

少年がスーパーマンすぎる

死刑が決まっていて脱獄する時点ですごいですが、関わった人たちを救っていく様子や、頭の良さなども優秀に書かれすぎていて、スーパーマンすぎない?と思ってしまいました。

中盤でちょっとダレる

新しい舞台→新登場人物→トラブル→少年が解決
というテンプレートが分かってくるので中盤はちょっとダレました。

警察側のドラマももう少し描いて欲しかった

とてもクセの強い刑事さんが出ていたのですが、あまり掘り下げされていなくて残念でした。

まとめ

最終章で、これまで少年と関わった人が勢ぞろいするシーンは、かなりグッときました。
長い物語ですが、それぞれの章が独立したストーリーといった感じなので、読みやすいと思います。
WOWWOWで実写ドラマも放映されたようなので、機会があったら見てみたいと思います。

満足度

70点/100点満点中

書籍版

正体 (光文社文庫) Kindle版

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA