黄色い家を読んで以来、川上未映子さんの小説が気になり、どんどん読んでいます。

今回は初期の方の作品「ヘヴン」の感想です。

ヘヴン (講談社文庫)

ヘヴン (講談社文庫)

川上未映子
682円(04/22 22:02時点)
発売日: 2012/05/15
Amazonの情報を掲載しています

今回もAudibleでの読書です。

あらすじ

<わたしたちは仲間です>――十四歳のある日、同級生からの苛めに耐える<僕>は、差出人不明の手紙を受け取る。苛められる者同士が育んだ密やかで無垢な関係はしかし、奇妙に変容していく。葛藤の末に選んだ世界で、僕が見たものとは。善悪や強弱といった価値観の根源を問い、圧倒的な反響を得た著者の新境地。

Amazonより

感想

それぞれ、別の加害者からいじめを受けている男女の中学生が主人公。

主人公たちが受けるいじめの描写がかなり凄惨で、加害者への怒りが湧いてきます。

途中、いくつか伏線?とも思われる内容が出てくるのですが、わりと回答されないまま、謎を残したまま終わったので、読後に「あの伏線どうなったっけ?」と思うこともありました。

しかし、現実の世の中でも気になっても結末が良くわからない出来事など、無数にあるので、全てを気にすることは意味がない、という作者なりのメッセージなのかもしれないと感じました。

最後、加害者への報い方が良くある展開ではなく、この作者ならではの斬新さを感じる展開で「おお!」と思いました。

大人になると、子供の頃は楽しかったな、とか子供の頃に戻りたい。

とか思うこともあるけど、子供には子供なりの残酷な世界があったことを、本作を読んで思い出しました。

満足度

80点/100点満点

後半にいくにつれて展開が気になり、止まりませんでした。

ヘヴン (講談社文庫)

ヘヴン (講談社文庫)

川上未映子
682円(04/22 22:02時点)
発売日: 2012/05/15
Amazonの情報を掲載しています

Header: Sourabh yadavによるPixabayからの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA