電車内でちょっと時間が空いた時、地域の図書館がやっている電子書籍サービスがちょうど良い便利さだと気づきました。

私は現在八王子市在住なので、八王子図書館の電子書籍サービスを使っています。

八王子市図書館電子書籍サービス
https://web.d-library.jp/hachioji/g0101/top/

八王子市電子書籍サービスの画面(2023年10月15日アクセス)

登録方法

地域によって異なると思いますが、私は最寄りの八王子市の図書館に行き、貸出カードを作った際に電子書籍利用のIDとパスワードを設定して使用できるようになりました。

便利な点

特別なアプリが必要なく、ブラウザで読める

kindleやkoboなどだとアプリをダウンロード、さらに、本自体もダウンロードする必要がありますが、図書館の電子書籍サービスはブラウザベースなので、iPhoneであればネットに接続できる環境があればsafariだけで使えます。

無料で読める

図書館のサービスなので料金はもちろん無料です。
無料なので普段読まないようなジャンルの本にも積極的に手が出ます。

ラインナップが定期的に変更される

体感ですが、わりと頻繁にラインナップが変更されている印象なので、飽きずに新しい本と出会えます。

不便な点

予約待ちになることがある

本ごとに借りられる定員(?)があるようで、新刊や人気の本は予約待ちになることが多いです。
自分はそこまでしてこのサービスで読む本は今のところは無いので、すぐ借りられる本だけを読んでいます。

一度に借りられる本は2冊まで

一度に借りられる本は2冊までという制限があります。
借りておかないと予約待ちになってしまうこともあるので、狙った本を読むのは多少ハードルがあります。

まとめ

不便な点もありますが、無料のサービスと考えると全然許容できます。
私は、都心の方に出かけると電車に乗る時間が結構長いので、英語の勉強などのやることがなくなった時は、図書館の電子書籍を借りて読んでいます。

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA