北野武監督の映画「首」を観ました。

北野映画は結構好きで、これまで観たことがあるのは以下の作品です。

  • その男、凶暴につき
  • 3-4X10月
  • ソナチネ
  • みんな〜やってるか!
  • キッズ・リターン
  • HANA-BI
  • 菊次郎の夏
  • BROTHER
  • 座頭市
  • アウトレイジ
  • アウトレイジ ビヨンド
  • アウトレイジ 最終章

私は普段そんなに映画を観ていないので、北野作品はかなり多く観ていると自分でも思います。

アウトレイジビヨンドが2017年の作品なので、今回の「首」はおよそ6年ぶり!に観た北野映画ということになります。

ストーリー

天下統一を掲げる織田信長は、毛利軍、武田軍、上杉軍、京都の寺社勢力と激しい戦いを繰り広げていたが、その最中、信長の家臣・荒木村重が反乱を起こし姿を消す。信長は羽柴秀吉、明智光秀ら家臣を一堂に集め、自身の跡目相続を餌に村重の捜索を命じる。秀吉の弟・秀長、軍司・黒田官兵衛の策で捕らえられた村重は光秀に引き渡されるが、光秀はなぜか村重を殺さず匿う。村重の行方が分からず苛立つ信長は、思いもよらない方向へ疑いの目を向け始める。だが、それはすべて仕組まれた罠だった。

果たして黒幕は誰なのか?
権力争いの行方は?
史実を根底から覆す波乱の展開が、
“本能寺の変”に向かって動き出す―

映画『首』公式サイト https://movies.kadokawa.co.jp/kubi/
ショッキングなシーンがあるので注意してください

鑑賞に際しての注意点

今の時代を考えると、多くの人に勧められる映画ではありません!
時代劇版アウトレイジ、とも呼ばれる本作。北野映画としてはこれまでのお約束(?)を踏襲していて、ファンは納得だと思いますが、この6年間で時代が大きく変わったと感じます。

新型コロナウイルスや、世界的に大きく広まったSDGs、エンターテイメント作品に対するポリティカル・コレクトネスの徹底など、昨今の時代背景を考えると、本作品はかなりアウトだと思います。
なので、そういった点が気になる方は観ないほうが良い作品だと思います。

しかし、こういった人権意識は時代とともに変化していくものなので、この作品の舞台となっている時代が1580年代ということを考えると、ある意味でリアリティがある描き方だとも感じます。

感想

本作は、過激なシーンの中に、コメディアンである北野監督ならではのユーモラスなシーンがたくさん挟まれています。

私はこの作品を見て、昭和のお笑い番組を見ている気持ちになりました。
今のテレビではNGな要素がてんこ盛りです。
北野武は今のテレビではできなくなってしまったお笑いを、映画作品で実践しているのではないでしょうか。

戦国時代の話なので、起こる出来事は殺伐としています。
そんな中でも随所に登場人物達によるコントの様なお笑い要素が入っています。
お笑いの部分は創作だと思いますが、意外と当時の武将たちも、生きるか死ぬかの日々の中で冗談を言い合っていたのかもしれません。
悲劇と喜劇は常に共にあるのかもしれません。

時代劇としては、有名な秀吉や信長、明智光秀周りの出来事なのでストーリー自体に大きな驚きはありません。
脇を固める武将たちは、私が知らない人物も結構いたので、映画を観た後でその武将たちについて調べてみることは面白かったです。

  • 荒木村重
  • 黒田官兵衛
  • 徳川家康
  • 服部半蔵

などは、この作品ならではの魅力が描かれていて、改めて興味を持ちました。

北野武もわりと良い年になっていますし、アウトレイジなどの過激な北野映画に抵抗が無い方は観たら楽しめると思います!

書籍

調べたら本(文庫)も出ているんですね。作品が面白かったので読んでみたいです。

首 (角川文庫)

Header: DanielによるPixabayからの画像

2023/12/12追記

客層について

私が訪れた時間帯は、土曜日の午後でした。

完全に見た目での印象ですが、いらっしゃっているお客さんは、私よりもわりと高齢の男性が多かったです。私が若い方でした。

女性は高齢の男性のつきそいで来ている方が多かった印象です。

歴史物で過激なシーンも多いので人を選ぶ作品だと思います。

満足度

85点/100点満点中

監督インタビューなどの動画

映画を見た後でYouTubeでこちらの完成披露会見の動画を観ました。

北野武監督が戦国時代を描こうとした理由:西島秀俊&加瀬亮&中村獅童&浅野忠信&大森南朋戦(映画『首』完成報告会見)

北野監督の考えや、役者陣の制作秘話などが聞けて面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA