[映画感想]「ミッシング」|子供が失踪した家族の物語。絶望の中にも存在する美しさやユーモアを描いた作品―あらすじ、登場人物、感想など

子供が行方不明となった家族を描いた映画「ミッシング」。

テーマも気になったので公開初日に観に行きました。

感想をご紹介します。

映画「ミッシング」のあらすじ

とある街で起きた幼女の失踪事件。
あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヶ月が過ぎていた。

娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。

そんな中、娘の失踪時に沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷の標的となってしまう。

世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。

一方、砂田には局上層部の意向で視聴率獲得の為に、沙織里や、沙織里の弟・圭吾に対する世間の関心を煽るような取材の指示が下ってしまう。

それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける。その先にある、光に—

映画『ミッシング』公式サイト|2024年全国公開 https://wwws.warnerbros.co.jp/missing/

映画「ミッシング」の登場人物

  • 森下沙織里(石原さとみ)…行方不明になった娘の母親。
  • 森下豊(青木崇高)…行方不明になった娘の父親。沙織里の夫。
  • 森下美羽(有田麗未)…沙織里の娘。本作では行方不明となる。
  • 土居圭吾(森優作)…沙織里の弟。美羽が行方不明となる直前まで一緒にいた。
  • 砂田裕樹(中村倫也)…テレビ局の記者。娘が行方不明となった森下家への取材を続ける。
  • 不破伸一郎(細川岳)…テレビ局のカメラマン。砂田と共に森下家を取材する。
  • 三谷杏(小野花梨)…テレビ局の新人記者。

映画「ミッシング」の感想

生きる苦しさをこれでもかと描く

とにかくずっと苦しいシーンが続く映画です。

娘が行方不明という状況で、見つからないかもしれないとも思いつつ必死で娘を探す行動を取る沙織里。こちらを演じる石原さとみの演技が壮絶で、素晴らしいです。

また沙織里の弟である圭吾は、幼少期にいじめられていたことから、自分の感情を上手く話すことが苦手で、それによってどんどん悪い状況に追い込まれていきます。

ただでさえ生きづらい特性を抱えた圭吾が、事件によってさらに悲しい状況に置かれていく姿も苦しくなります。

沙織里の夫である豊は、焦る妻と対象的に物語のほとんどの場面で冷静さを保っている(そう努めている)ように見えます。それ故、沙織里から娘への想いを疑われることもあるのですが、豊は豊なりに捜索の活動をしています。

物語の後半で豊の感情が漏れるシーンがあるのですが、私はそこにとても感動しました。

テレビ局の記者である砂田は、沙織里たちに協力をして、取材をしながら娘の情報を募ります。しかし、あくまでもテレビ局の社員である彼は、丁寧な取材で事実を伝えたい、と思いながらも会社の思惑に逆らえず、視聴率を求められます。

このように、沙織里たち夫妻はもちろん苦しいのですが、それ以外の登場人物もとにかく何らかの苦しみの中、人生を必死で行きています。

母、父、妻、夫、テレビ局の記者、カメラマン、など、様々な立場の人物が登場するので見る人によってどのキャラクターに感情移入するかが結構変わりそうだと思いました。

絶望の中にある美しさやユーモア

絶望的な展開がひたすら続くのですが、そんな中でも、自然の美しいシーンや、登場人物の掛け合いでユーモアを感じるシーンがフッと入ります。

私はこの表現に非常にリアリティを感じました。

つらい出来事があっても、日常を過ごしていると、自然の美しさを感じたり、つらいと感じてる出来事自体も一歩引いて客観的に見ると「おかしみ」があったり、生きることはこういうことだ、という制作陣のメッセージを感じました。

本作で私が特に好きな点は、主人公の沙織里にはちょっとヤンキー気質(作中では元ヤンとも言われていました)であるという点です。

この元ヤン設定があるおかげで、絶望的な展開でも暗くなりすぎず、パワフルな行動に説得力がでていました。

始めは「不幸な人」という印象でしたが、物語が進むほど、内面が見えてきて沙織里への好感度が上がっていきました。

まとめ

苦しいシーンも多いですが、「生きていくこと」について考えさせられるとても良い作品でした。

私はすごく感動しました。

オススメの映画です!

満足度

95点/100点満点

後半、かなりグッと来て涙した場面も多かったので、この点数にしました。

映画『ミッシング』予告映像

映画の感想をSNSに投稿する際、少しでもインプレッションを上げる方法

最近、映画の感想記事を書くようになったのですが、記事を書いた後はSNSで更新の紹介をしています。

映画感想をSNSに投稿する際に、少しでもインプレッションが上がる方法に気づきました。

それは、

出演者の名前をハッシュタグとして、投稿に含める。

というものです。

特に邦画の際に顕著なのですが、これをすることで、出演者のファンの方が投稿を目にしてくれます。

自分はこれまで馴染みが無かったのですが、アイドルや俳優さんのファン同士のつながりは結構強いみたいで、出演者の名前を入れる/入れないでインプレッションにかなり差が出ることがわかりました。

例)映画「流浪の月」の感想をxに投稿した時

filmarksからの投稿:出演者の名前無し
ブログに記事を書いて投稿:出演者の名前をハッシュタグで掲載

2枚目の画像のブログ記事投稿の方が後から投稿しているにも関わらず、出演者の名前を入れているこちらの方がインプレッションが多いです。

この時は横浜流星さんのファンの方がいいねもつけてくれていました。

映画感想をSNSで投稿される方は参考にしてみてください。

Header: Alfred DerksによるPixabayからの画像

[映画感想]「流浪の月」|“普通”では無いことは悪なのか? 女児誘拐事件の加害者と被害者がたどる人生の困難さを描いた考えさせる作品ーあらすじ、登場人物、感想など

広瀬すずと松坂桃李が主演をつとめる映画「流浪の月」。

凪良ゆうによる原作小説が好きだったので映画も見てみました。感想をご紹介します。

映画「流浪の月」、Amazonでの視聴はこちらから↓

映画「流浪の月」のあらすじ

帰れない事情を抱えた少女・更紗(さらさ)と、彼女を家に招き入れた孤独な大学生・文(ふみ)。
居場所を見つけた幸せを噛みしめたその夏の終わり、文は「誘拐犯」、更紗は「被害女児」となった。
15年後。偶然の再会を遂げたふたり。それぞれの隣には現在の恋人、亮と谷がいた。

ABOUT THE MOVIE – 映画『流浪の月』 公式サイト https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/about/

映画「流浪の月」の登場人物

家内更紗(広瀬すず/幼少期(白鳥玉季))

本作の主人公。現在はファミリーレストランで働いている。

幼少期、家に居場所が無かったことから、佐伯文の家で数日間暮らしていたが、警察に見つかり女児誘拐事件として大々的にメディア掲載された。

佐伯文(松坂桃李/中学生時(中田昊成))

本作のもう一人の主人公。現在はカフェを経営している。

学生時代、公園で居場所が無く佇む家内更紗に声をかけ、自らの家で共同生活を始める。

警察に発見され、女児誘拐事件の加害者として報道される。

中瀬亮(横浜流星)

現在の更紗と同棲をしている彼氏。DVの気がある。

谷あゆみ(多部未華子)

現在の文と付き合っている彼女。編集者。

安西梨花(増田光桜)

更紗が勤めるファミリーレストランの同僚である佳菜子の娘。

安西佳菜子(趣里)

更紗が勤めるファミリーレストランの同僚。シングルマザー。

彼氏と旅行に行くために娘の梨花を更紗に預ける。

湯村店長(三浦貴大)

更紗が勤めるファミリーレストランの店長。

更紗の立場を理解することは難しいですが、スキャンダルによって本部から退職を迫られても、思いやる言葉をかけたりと、実は結構優しいキャラです。

映画「流浪の月」の面白かった点

凪良ゆう作品ならではの苦難に満ちた人生がしっかりと映像化されている

小説もそうなのですが、映画も観ていて胸が詰まるシーンが多く苦しくなりました。

物語のクライマックスで文の秘密が明かされるシーン

これまで積み重ねてきたエピソードが全て辻褄が合い、オセロが一気に裏返るような感覚を覚えました。

白鳥玉季による子供時代の更紗の演技

子供なのですが、どこか大人にも見えるような絶妙な演技で引き込まれました。

文と子供時代の更紗が一緒に暮らすシーンは、どこか非現実的な印象もあり、大人になることが無い、ピーターパンのネバーランドの様な世界に見えました。

白鳥玉季は堂に入った演技でしたが、調べてみたらこの間見た映画「正欲」にも、人気小学生YouTuber役として少しだけ出演していました。

横浜流星による亮の演技

This is DV!とも言えるようなDV彼氏の演技が凄かったです。原作でも衝撃的でしたが、映像になるとさらにインパクトがありました。

個人的に、良い物語には良い悪役が必要だと思っています。横浜流星演じる亮のDVっぷりは観る者のヘイトをしっかり集め主人公を応援したくなりました。

逆に、小説もそうなのですが、物語の後半になると亮があまり出てこなくなるのでちょっと物足りなさすら感じます。

映画「流浪の月」の惜しかった点

上映時間2時間半は長く感じた

原作もすごいボリュームなのですが、映画も2時間半の大作!途中、やや緩慢さを感じる部分もあったので、もう少しコンパクトにまとまったら良かったと思いました。

谷あゆみの掘り下げが少なかった

現在の文の彼女、谷あゆみは、原作では結構深いエピソードがあったのですが、映画ではバッサリカットされており、いわゆる“普通の彼女”のように描写されてしまっていたので、その点は残念でした。

映画「流浪の月」の感想まとめ

小説もそうでしたが、この映画を観ても、「普通とは異なる特性を持って生まれただけで、これほどの苦難の道を歩むのか」と非常に考えさせられる物語です。

後半になるにつれて文の感情があらわになってくる点も非常に見応えがありました。

難しい小説を丁寧に映像化してくれた作品だと思います。

あと、映画では結末が描かれておりませんでしたが、更紗に子供を預け、失踪したかと思われた安西佳菜子は最終的には帰ってきて、ちゃんと子供を迎えに来ます。

映画「流浪の月」の満足度

85点/100点満点中

映画「流浪の月」、Amazonでの視聴はこちらから↓

原作小説「流浪の月」凪良ゆう(著)

Header: Eric HacklerによるPixabayからの画像

[映画感想]「正欲」|新垣結衣と磯村勇斗が難しい役を演じきっていた。原作の盛り上がるシーンを丁寧に映像化していて感動!―あらすじ、登場人物、感想など

映画「正欲」原作小説がとても好きだったので映画も鑑賞しました。

映画「正欲」のあらすじ

横浜に暮らす検事の寺井啓喜は、不登校になった息子の教育方針をめぐり妻と衝突を繰り返している。広島のショッピングモールで契約社員として働きながら実家で代わり映えのない日々を過ごす桐生夏月は、中学の時に転校していった佐々木佳道が地元に戻ってきたことを知る。大学のダンスサークルに所属する諸橋大也は準ミスターに選ばれるほどの容姿だが、心を誰にも開かずにいる。学園祭実行委員としてダイバーシティフェスを企画した神戸八重子は、大也のダンスサークルに出演を依頼する。

映画『正欲』公式サイト https://www.bitters.co.jp/seiyoku/#

映画「正欲」Amazon Videoでの視聴はこちらから↓

映画「正欲」の登場人物

寺井啓喜(稲垣吾郎)

検事。妻と不登校の息子がいる。息子が小学校を不登校ながらYouTubeチャンネルを開始したのが悩みの種。

桐生夏月(新垣結衣)

地方のショッピングセンターの寝具売り場で店員として働く女性。学生時代、佐々木佳道と同級生だった。

佐々木佳道(磯村勇斗)

独身の男性。学生時代、桐生夏月と同級生。両親の死をきっかけに実家に戻り、そこで桐生夏月と再会する。

諸橋大也(佐藤寛太)

イケメン大学生。学内のダンスサークル「スペード」に所属している。

神戸八重子(東野絢香)

大也と同じ大学に通う大学生。イベント「ダイバーシティフェス」の実行委員を通して大也と知り合い、彼に不思議な魅力を感じていく。男性が苦手。

寺井由美(山田真歩)

寺井啓喜の妻。専業主婦。不登校の息子と日々の生活を送る。息子のYouTubeを手伝う。

フジワラサトル(???)

過去に、学校の水道の蛇口を盗み逮捕された男。動機について、「水が勢いよく吹き出すのを見る事が楽しかった」と語った。

映画「正欲」の感想

非常に面白かったです!

原作がかなりのボリュームなので、取捨選択は当然ありましたが、水フェチの桐生夏月(新垣結衣)と佐々木佳道(磯村勇斗)のエピソードをメインに、対するキャラとして検事の寺井啓喜(稲垣吾郎)を絡めて展開する感じだったので違和感はあまりなくストーリーに集中できました。

夏月と佳道による、この作品ならではのベッドシーンが非常に好きなのですが、映像化されたことでより素敵な内容になっていて、二人の演技もあり、感動しました。

ただ、私は原作を読んでいるので、補って理解できている部分も多いので、映画のみを観た方は「?」となる展開も多いかも知れません。

映画で触れられていない内容としては、
寺井啓喜(稲垣吾郎)は実は涙フェチです。映画でも奥さんが泣くシーンがやや象徴的に撮られています。

神戸八重子(東野絢香)は兄が妹モノのアダルトビデオを観ていたことを知って男性嫌悪になってしまいました。映画でも、お兄ちゃんの話しがやや唐突に出ますよね。

原作の重要なシーンをしっかり映像化してくれたので私はかなり満足しました!

満足度

83点/100点満点中

映画「正欲」Amazon Videoでの視聴はこちらから↓

正欲

正欲

稲垣吾郎, 新垣結衣, 磯村勇斗, 佐藤寛太, 東野絢香
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

より詳しい物語への感想は、以下の小説の感想記事をご覧ください。

[映画感想]「夜明けのすべて」|上白石萌音と松村北斗の素朴な演技が光る。”普通に生きる難しさ”を描いた地に足のついたストーリー

映画『夜明けのすべて』を観ました。とても良い作品だったので感想をご紹介します。

作品のネタバレを含みますのでご注意ください。

映画「夜明けのすべて」のあらすじ

PMS(月経前症候群)のせいで月に1度イライラを抑えられなくなる藤沢さん(上白石萌音)は、会社の同僚・山添くん(松村北斗)のある行動がきっかけで怒りを爆発させてしまう。

転職してきたばかりなのにやる気がなさそうに見える山添くんだったが、そんな彼もまた、パニック障害を抱え生きがいも気力も失っていた。

職場の人たちの理解に支えられながら過ごす中で、藤沢さんと山添くんの間には、恋人でも友達でもない同志のような特別な感情が芽生えはじめる。

やがて2人は、自分の症状は改善されなくても相手を助けることはできるのではないかと考えるようになる。

https://eiga.com/movie/98942/

映画「夜明けのすべて」の登場人物

山添孝俊(松村北斗)

栗田金属の社員。大手コンサルティング会社にいたが、パニック障害となり電車に乗れなくなっため、徒歩で通える栗田金属に勤めながら、パニック障害を治療している。

藤沢美紗(上白石萌音)

栗田金属の社員。PMS(月経前症候群)がひどく、その症状からのイライラが原因でトラブルを起こし、何度か職を変えている。

栗田和夫(光石研)

下町ロケット的な街の中小企業「栗田金属」の社長。共に会社を立ち上げた実の弟が自死しており、そのトラウマを抱える。
栗田金属では、小学校などで上映できる移動式のプラネタリウムも製造している。

辻本憲彦(渋川清彦)

山添のコンサルティング会社時代の上司。転職後も山添を非常に気にかけており、いつか会社に戻れるように協力してくれている。
グリーフケアの会で栗田と知り合う。

大島千尋(芋生悠)

山添のコンサルティング会社時代の同僚であり、彼女。

藤沢倫子(りょう)

藤沢美紗の母。快活な性格。事故で車椅子生活となり、リハビリに励む。

映画「夜明けのすべて」の面白かった点

派手さは無いがしっかりとしたストーリー

上白石萌音の素朴な演技が良い

上白石萌音の演じる素朴なキャラクター(藤沢さん)の演技がとても良かったです。

藤沢さんは、PMS(月経前症候群)からのイライラで最初に勤めていた会社でトラブルメーカーのようになってしまい、退職してしまいます。

ですが、辞めてしまった会社の人たちも全然悪い人ではなく、むしろ、藤沢さんに気をつかったり、理解しようとしたりしている人たちとして描かれています。

それなのに追い込まれていく藤沢さん。現実でもあるあるのシチュエーションだと思いますが、周りの人が良い人なだけに、それに応えられない自分により苦しくなっていく感じが、リアリティがありました。

松村北斗は異次元のイケメンぶり

松村北斗については、演技はとても自然で良かったのですが、イケメンぶりがさすがの異次元で、

素朴な演技でも隠しきれない感じがありました。

「こんなイケメンが日常に、その辺歩いていることないだろうなぁ。」

と感じてしまいましたが、

それはそれで、現実ではなく映画を観ている気持ちになれたので良かったです。

本作はフィクションですが、脚色しすぎることはなく、かといってドラマチックな部分もしっかりあり、そのバランスが絶妙でした。

地に足がついたストーリー展開で、物語に没頭することができました。

むやみに恋愛にしていない

原作小説を読んでいなかったので、映画の事前情報を見て

「きっと、上白石萌音と松村北斗の役がお互いの特性に苦労しながらも、恋愛関係になるんだろうな」

と思っていたのですが、映画では最後までそんなことはなく、

主人公2人が安易に恋人や恋愛の関係にならない点はとても新鮮に感じました。

恋愛のストーリーが悪いと言いたいわけではないですが、主題と関係なく恋愛が挟まれる作品を見ると個人的には「?」と思ってしまいます。

本作は、むやみやたらと恋愛の展開を入れなかったことで、より、主題に集中して鑑賞することができました。

主役二人以外も「普通に生きる」ことの難しさを描いている

主人公の二人以外のキャラクター、会社の上司や親など、一見順風満帆そうに見える人物でも、見えないところでは何らかの困難を抱えている様子が描かれています。

親類や知人の自死や自分自身の障害など。

自分に責任がないかもしれない事や、突如訪れる不幸で人生は簡単に逆転します。

脇役となるキャラクターも含めて、本作は「普通に生きる」ことの難しさを非常に丁寧に描いていると思いました。

山添くんが仕事の楽しさを語るシーンに感動

もう一人の主人公、山添くんはかなりイケイケの企業に勤めていたのですが、パニック障害の症状により電車に乗ることができなくなり、退職してしまいます。

徒歩で通える栗田金属という中小企業に転職するのですが、始めは栗田金属の仕事や働いている人たちを見下していました。

望まない転職で自暴自棄になっていたこともあると思うのですが、藤沢さんとの交流や仕事を続ける中で山添くんの考えは変わっていきます。

山添くんをずっと支えてきた前職の上司の前で、栗田金属での仕事の楽しさを語り、ここでの仕事を続けたい、と伝えるシーン。

このシーンがとても良くて、すごく感動しました。

クライマックスのプラネタリウムシーンで読み上げられる社長の弟のメッセージが素晴らしい

クライマックスのプラネタリウムのシーンで藤沢さんがナレーターとして読み上げる、社長の弟さんの手記に書かれていたメッセージが素晴らしくて、心に響きました。

朝を待ちわびる人もいれば、夜を待ちわびる人もいる。

そうであっても、夜が無くては朝は無く、朝が無いと夜も無い。

非常に考えさせられるメッセージでした。

映画「夜明けのすべて」のまとめ

非常に良い作品でした。

派手な映像やCGがあるわけではないので目立たないかもしれませんが、

静かに、心に響く映画を観たい方におすすめです!

映画「夜明けのすべて」の満足度

90点/100点満点中

原作小説も読んでみたくなりました。

夜明けのすべて Kindle版/瀬尾まいこ(著)

夜明けのすべて

夜明けのすべて

瀬尾まいこ
723円(05/21 01:16時点)
発売日: 2020/10/20
Amazonの情報を掲載しています

Header: HansによるPixabayからの画像