新垣結衣と早瀬憩が主演の映画、違国日記を観に行きました。
感想をご紹介します。

映画「違国日記」のあらすじ

両親を交通事故で亡くした15歳の朝(早瀬憩)。葬式の席で、親戚たちの心ない言葉が朝を突き刺す。そんな時、槙生(新垣結衣)がまっすぐ言い放った。

「あなたを愛せるかどうかはわからない。でもわたしは決してあなたを踏みにじらない」

槙生は、誰も引き取ろうとしない朝を勢いで引き取ることに。こうしてほぼ初対面のふたりの、少しぎこちない同居生活がはじまった。人見知りで片付けが苦手な槙生の職業は少女小説家。人懐っこく素直な性格の朝にとって、槙生は間違いなく初めて見るタイプの大人だった。対照的なふたりの生活は、当然のことながら戸惑いの連続。それでも、少しずつ確かにふたりの距離は近付いていた。

だがある日、朝は槙生が隠しごとをしていることを知り、それまでの想いがあふれ出て衝突してしまう――。

映画『違国日記』|大ヒット上映中 https://ikoku-movie.com/

映画「違国日記」の登場人物

高代槙生(新垣結衣)

本作の主人公。小説家。不慮の事故で両親を亡くした姪の朝を引き取り、共同生活することを決める。朝の母であり、自分の姉の実里を憎んでいる。

田汲朝(早瀬憩)

本作のもう一人の主人公。中学卒業を目前に両親を事故で亡くし、叔母である槙生に引き取られる。槙生が、自分が愛する母をなぜ憎んでいるのか、気になっている。

醍醐奈々(夏帆)

槙生の中学時代からの友人。

笠町信吾(瀬戸康史)

槙生の元恋人。

えみり(小宮山莉渚)

朝の親友。

高代実里(中村優子)

朝の母であり槙生の姉。

森本千世(伊礼姫奈)

朝と同じ高校に通う、努力家の優等生。

三森(滝澤エリカ)

朝と同じ高校に通う、軽音部の新入生。新入生とは思えないくらい楽器が上手い。

塔野和成(染谷将太)

弁護士。

高代京子(銀粉蝶)

朝の祖母であり、槙生の母。今は一人暮らしをしている。

映画「違国日記」の面白かったところ

槙生と朝、2人の距離感が、ただ仲良くなるだけでなく、近づいたと思ったら、離れたり、その後また近づいたり、一筋縄ではいかない部分が、現実の人間関係にも通じるようなリアリティがありました。

映画「正欲」での演技を見た時も思ったのですが、新垣結衣のテンション低いキャラがとても味があっていいです。

朝の親友や槙生の友達など、サブキャラクターにもしっかり設定があり、それぞれのドラマが気になりました。

登場人物がみんな素敵で、映像も美しいので見ていて心が清められる感じがします。

映画「違国日記」の惜しかったところ

魅力的なキャラクターがたくさん登場したのですが、それ故に、1作で描き切るには時間が足りず、ちょっとダイジェスト感を感じました。

1クールの連続ドラマくらいの尺があったら、サブキャラクターももっと掘り下げられるのかなと。

槙生は自己肯定感が低いという設定なのですが、作家としても成功しているし、実家も裕福そうだし、新垣結衣が演じているということもあり、この設定で自己肯定感低いのは無理があるだろ….と感じてしまいました。

あくまでもフィクションなので、リアルにしすぎても夢が無いと思うので、塩梅は難しいですよね。

まとめ

作品全体を通して、押し付けがましくない描写で、多様性について描かれており、自然と世界観に引き込まれる作品でした。

原作ありなので、続編が作れそうですし、終わり方としてもぜひ続編を作ってほしいと思いました!

満足度

88点/100点満点中

人を選ばず、多くの人が良いなと感じられる作品だと思います。

原作漫画

ヤマシタトモコさんによる原作漫画も読んでみたくなりました。

違国日記(1) (FEEL COMICS swing) Kindle版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA