東京都多摩市の多摩センター駅から徒歩5分くらいの場所にある東京都埋蔵文化センター「遺跡庭園 縄文の村」へ初めて行ってきました。

東京都埋蔵文化財センターに隣接する遺跡庭園「縄文の村」は、多摩ニュータウンNo.57遺跡(縄文時代集落)に盛土をして、当時の多摩丘陵の景観を復元したものです。
トチノキ・クルミ・クリをはじめ50種類以上の樹木やゼンマイ・ワラビ等を植栽して、当時の植生を再現しています。
また、遺跡庭園「縄文の村」には3棟の復元住居があります。下記の予定で焚火(住居内、1日1棟)を行っていますので、炉を囲みながら縄文人気分に浸ってください。

遺跡庭園「縄文の村」 | 東京都埋蔵文化財センターhttps://www.tomaibun.jp/jomon.html

前々から電車で見かけていて、どんな場所なのだろう?と気になっていたスポットです。

庭園の雰囲気を写真でご紹介します。(ちなみに、入場料は無料です。)

「遺跡庭園 縄文の村」写真

入り口
資料館の脇の土器
住居
中に入れます
火を炊いていました。リアル!
中からの風景
植生の勉強にもなります
大きい住居
中はこのようになっています

撮影機材について

今回は最近使っているカメラとレンズの試用も兼ねていました。撮影に用いた機材はこちらです。

PENTAX K-5IIs ボディ K-5IIsBODY ローパスフィルターレス

タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical[IF]MACROペンタックス用(Model A09)

露出をマイナスにして撮ったら好きな色味になりました。

Map

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA