【お知らせ】香港のWHYNOT(歪脳)というWEBメディアに、私が執筆した記事が掲載されました

香港のWHYNOT(歪脳)というwebメディアに私が書いた記事が掲載されています。

日本关东地震大屠杀百年:民间如何保留被屠杀朝鲜人和华人的记忆
(日本における関東地震虐殺100周年: 一般大衆は虐殺された朝鮮人と中国人の記憶をどのように保存しているか)
https://www.wainao.me/wainao-reads/remembering-the-kanto-earthquake-massacre-centenary-12282023

画像をクリックすると記事に飛びます

WHYNOTは華僑の方向けの媒体ということで、

関東大震災と朝鮮人虐殺、ほうせんかの家百年(ペンニョン)の活動について、そして、叔父さんを関東大震災時に亡くされた遺族の金道任さんにインタビューをさせていただいた内容を書いています。

私は中国語では書けないので、現地のライターに方に間に入っていただき、私が日本語で書いた原稿をとてもスマートにまとめていただきました。

興味がある方は翻訳アプリなどを使って読んでいただけたら嬉しいです。

Readin’ Writin’ BOOK STOREでペンニョン〈百年〉のトークイベントに登壇しました

10月29日の日曜日は、田原町のReadin’ Writin’ BOOK STOREさんで開催されたイベントに、ペンニョンのメンバーとして登壇しました。

会場のReadin’ Writin’ BOOK STOREさんには初めてうかがったのですが、お店の内装も取り扱っている本もとても素敵でした。

Readin’ Writin’ BOOK STORE

今回はあまりお店は見られなかったので、また本を見るために遊びに行きたいと思います。
お店の周りにも素敵なカフェや飲食店がたくさんありました。普段あまり行かないエリアだったので良い刺激を受けました。

2時間のトークイベント、引き受けた時は、長いから間が持たなかったらどうしよう?と不安になりましたが、ほうせんか理事の西崎さんや、現代書館の根岸さん、ペンニョンから私と中井さん、という4人で話すと、時間はあっという間に過ぎていきました。

持っていって見せられる無かった写真もたくさんあったので、また別の機会にお見せできればと思います。

会場とオンライン同時開催のイベントで、会場にも10人くらいのお客様が来てくださいました。
イベントの後でお客様の1人から「ペンニョンの活動、応援してます!」と言っていただいた事がとても嬉しかったです。

今回のイベントは、11月下旬に刊行となる、こちらの本の増補版出版のお知らせイベントでもありました。内容が追加されるようなので楽しみです。

<増補百年版>関東大震災朝鮮人虐殺の記録: 東京地区別1100の証言

関東大震災朝鮮人虐殺|世田谷区立平和資料館での展示と烏山神社へ

世田谷区立平和資料館で開催されていた関東大震災100周年の展示を、ペンニョンのメンバーで観に行きました。
平和資料館は池尻大橋から徒歩20分くらいの場所で、世田谷公園の中にあります。

以前、この辺りに住んでいたことがあるのですが、このような施設があったとは全く知りませんでした。
今回の展示は、公共の展示にしては珍しく、朝鮮人虐殺事件にも触れているということで、ネットで少し話題になっていました。
展示の雰囲気を写真でご紹介します。

企画展「関東大震災100年から考える 災害と平和」

今から 100 年前の 9 月 1 日に発生した関東大震災は、首都圏に死者 10 万人、住居消失者 200 万人を超える日本の地震災害史上最大の被害をもたらしたと言われています。

 そして人々の中で流言(デマ、根拠のないうわさ)が広がり朝鮮人等が殺傷される事件も発生しました。

 100 年前の社会政治状況や情報技術・伝達の手段も今とだいぶ違いますが、災害の直後に、普段からの理解・配慮の足りなさや、偏見・差別的意識が明らかになり、増幅しやすくなるという痛ましい事例は、その後の災害にも見られます。

 関東大震災から近年までの災害の経験を手がかりに、非常時だからこそ求められる「平和」について考えてみましょう。

開催日:令和5年9月1日金曜日~9月30日土曜日

場所:平和資料館多目的室

詳しくはちらしをご覧ください。

企画展のダイジェスト版「関東大震災の記録」をご覧いただき、災害の経験を手がかりに非常時だからこそ求められる「平和」について考えてみましょう。ぜひご来場ください。

https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/002/002/003/001/d00193572.html
平和とは何か?についてのパネル
災害時に起きる様々な差別について

参考になりそうな本もいくつか置かれていました。

ソーシャルメディア解体全書: フェイクニュース・ネット炎上・情報の偏り
検証 東日本大震災の流言・デマ (光文社新書) Kindle版
SNSなどで広まるデマについて

子供向けのメディアリテラシーを体験できる本。しかけ絵本の様になっていて面白かったです。

窓をひろげて考えよう―体験!メディアリテラシー
避難所運営ゲーム

様々な立場の人が集まる避難所をどう運営するか?というゲーム。面白そうでした。

烏山神社

平和資料館の展示を見終わってから、せっかく世田谷に来たので、南烏山にある「烏山神社」にも行ってみました。

こちらは加藤さんの以下の本で読んだのですが、朝鮮人殺害に関わった村民のための(?)椎の木が埋められています。

九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響

以前行ったことがあったのですが、どれが椎の木か分からず。
今回は、皆で見に行ったので、これが椎の木か?と思われる木を見つけることができました。

今回訪れた場所

世田谷区立平和資料館(せたがや未来の平和館)
(MAP)https://maps.app.goo.gl/gtkSK5HZ9HHFCVm27

烏山神社
(MAP)https://maps.app.goo.gl/M81QNqvoozkQJvj66

イベントのお知らせ「関東大震災朝鮮人虐殺 100年目を悼む」at Readin’ Writin’ BOOK STORE

2023年10月29日に台東区のReadin’ Writin’ BOOK STOREで開催されるこちらのトークイベントに「ペンニョン」メンバーとして登壇します。

「関東大震災朝鮮人虐殺 100年目を悼む」

https://readinwritin231029.peatix.com/


「ほうせんか」の西崎さんと一緒に、100年目の追悼式の振り返りや活動の紹介などをお話します。


興味のある方はイベントの詳細をご覧ください!

「関東大震災朝鮮人虐殺 100年目を悼む」

1923年9月1日、関東大震災が発生。わずか数日の間に「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が暴動を起こそうとしている」といった流言蜚語が飛び交い、多くの人の命が奪われました。2023年の今年は、関東大震災からちょうど100年目です。

墨田区八広の荒川河川敷では、毎年追悼式がおこなわれています。第1回目の1982年以来「追悼する会」「ほうせんか」が主催を務めてきましたが、100年の節目となる今年は、若い世代の人々が中心となって追悼式を企画しました。グループ名は「百年(ペンニョン)」。追悼式の主催をはじめ、映画の上映会や、虐殺現場を歩いて回るワークショップ、資料や写真のアーカイブ化に取り組んでいます。

今回ご登壇いただくのは「ほうせんか」の西崎雅夫さんと、「百年」の渡部周さん、中井さつきさん。100年目の追悼式の振り返りや、お互いの活動についてお話しいただきます。

現代書館からは、西崎さんが10年がかりで集めた証言集『関東大震災朝鮮人虐殺の記録:東京地区別1100の証言』の普及版が発売中。ただいま「増補百年版」を準備しています。

小池百合子都知事は、今年も関東大震災朝鮮人虐殺に対する追悼文を送付しませんでした。節目の100年目を終えても、この件は決して「過ぎたこと」「終わったこと」ではありません。今回のイベントや証言集の存在が、ひとりでも多くの人が虐殺の歴史に向き合い、101年目とその先の未来を考えるための契機になることを願っています。

https://readinwritin231029.peatix.com/

イベント関連書籍

<普及版>関東大震災朝鮮人虐殺の記録: 東京地区別1100の証言

2023年の「関東大震災 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式」と国会議事堂前キャンドルデモに参加しました

2023年9月2日土曜日、東京都の荒川河川敷で開催された「関東大震災 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式」に参加してきました。

この年の追悼式では、私は、実行委員会「百年/ペンニョン」のメンバーとして式の運営や、司会、証言朗読などに関わりました。

追悼式

快晴でした
準備の様子
準備の様子

ほうせんかやペンニョンのメンバーだけでなく、地域の方がたくさん手伝ってくださりました。

地域の中にある活動だということを実感しました。

準備の様子
ほうせんかの家

ほうせんかの家は、現在このようになっています。オレンジの屋根と、壁に描かれた虎が目立ちますね。

お昼を過ぎると続々とお客さんがいらっしゃいました。

イベントスタート。

この年の追悼式には600人を超える方が集まりました。

追悼の歌
プンムル

追悼碑も私が見たことが無いくらいにぎやかになっていました。

国会議事堂前キャンドルデモ

夜7時から、国会議事堂前でキャンドルデモが開催されていたので、そちらにも足を運びました。とても多くの方がいて、この事件に注目している人がこれほどいるのかと驚きました。

国会議事堂

メディア掲載

追悼式の様子はいくつかのメディアでも掲載されたので、記事のリンクをご紹介します。

朝鮮人虐殺、若者らが独自の追悼式 「100年で終わりではない」|毎日新聞

証言朗読をノーカットの動画でアップしていただきました

関東大震災直後の“朝鮮半島出身者殺害” 東京・荒川河川敷で追悼式典|日テレnews

https://news.ntv.co.jp/category/society/3c51fd021b8242429b737e50800d0db9

「罪、不逞朝鮮人にある」100年前の新聞の大きなあやまち 今、虐殺の歴史を伝える人々の光景|東京新聞

https://www.tokyo-np.co.jp/article/274461

関東大震災直後の“朝鮮半島出身者殺害” 東京・荒川河川敷で追悼式典|読売テレビニュース

https://www.ytv.co.jp/press/society/detail.html?id=aa6c58a0487c4d67bde010dcc0c085cd

【速報】朝鮮人虐殺の記憶、次世代へ 関東大震災100年、集う若者|共同通信

https://www.47news.jp/9807537.html

朝鮮人虐殺、若者らが独自の追悼式 「100年で終わりではない」|毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/0eeddb1ffcda5d336742f28caca96b02e3b3595a

関連書籍

荒川河川敷での追悼式の歴史を知るにはこちらの本がおすすめです。

増補新版 風よ鳳仙花の歌をはこべ

増補新版 風よ鳳仙花の歌をはこべ

ほうせんか
2,200円(05/28 06:20時点)
Amazonの情報を掲載しています