2023年10月29日に台東区のReadin’ Writin’ BOOK STOREで開催されるこちらのトークイベントに「ペンニョン」メンバーとして登壇します。

「関東大震災朝鮮人虐殺 100年目を悼む」

https://readinwritin231029.peatix.com/


「ほうせんか」の西崎さんと一緒に、100年目の追悼式の振り返りや活動の紹介などをお話します。


興味のある方はイベントの詳細をご覧ください!

「関東大震災朝鮮人虐殺 100年目を悼む」

1923年9月1日、関東大震災が発生。わずか数日の間に「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が暴動を起こそうとしている」といった流言蜚語が飛び交い、多くの人の命が奪われました。2023年の今年は、関東大震災からちょうど100年目です。

墨田区八広の荒川河川敷では、毎年追悼式がおこなわれています。第1回目の1982年以来「追悼する会」「ほうせんか」が主催を務めてきましたが、100年の節目となる今年は、若い世代の人々が中心となって追悼式を企画しました。グループ名は「百年(ペンニョン)」。追悼式の主催をはじめ、映画の上映会や、虐殺現場を歩いて回るワークショップ、資料や写真のアーカイブ化に取り組んでいます。

今回ご登壇いただくのは「ほうせんか」の西崎雅夫さんと、「百年」の渡部周さん、中井さつきさん。100年目の追悼式の振り返りや、お互いの活動についてお話しいただきます。

現代書館からは、西崎さんが10年がかりで集めた証言集『関東大震災朝鮮人虐殺の記録:東京地区別1100の証言』の普及版が発売中。ただいま「増補百年版」を準備しています。

小池百合子都知事は、今年も関東大震災朝鮮人虐殺に対する追悼文を送付しませんでした。節目の100年目を終えても、この件は決して「過ぎたこと」「終わったこと」ではありません。今回のイベントや証言集の存在が、ひとりでも多くの人が虐殺の歴史に向き合い、101年目とその先の未来を考えるための契機になることを願っています。

https://readinwritin231029.peatix.com/

イベント関連書籍

<普及版>関東大震災朝鮮人虐殺の記録: 東京地区別1100の証言

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA