本サイトの以下の記事に数値を入力して計算してくれるフォームを設置しました。

mm→pixel計算フォームと換算表(350dpi & 300dpi)|印刷に適した画像解像度を知るために – WATANABEDESIGN.Blog https://watanabedesign511.info/archives/13020

文字サイズ「mm・級(Q)・ポイント」計算フォームと換算表 – WATANABEDESIGN.Blog
https://watanabedesign511.info/archives/13015

こういった計算フォームのHTMLをChat GPTで作ることができたので、その方法をご紹介します。

Chat GPTに入力するテキスト

例えば、以下のようなテキストをChat GPTに投げます。

2つの数値を入力し、足し算をしてくれる計算フォームのHTMLを書いて

そうすると以下のような感じでコードを書いてくれます。

書き出されたコードの内容

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>足し算計算フォーム</title>
</head>
<body>
    <h1>足し算計算フォーム</h1>
    <form>
        <label for="num1">数値1:</label>
        <input type="number" id="num1" name="num1"><br><br>
        
        <label for="num2">数値2:</label>
        <input type="number" id="num2" name="num2"><br><br>
        
        <input type="button" value="計算" onclick="calculate()">
    </form>
    
    <p id="result"></p>
    
    <script>
        function calculate() {
            var num1 = parseInt(document.getElementById("num1").value);
            var num2 = parseInt(document.getElementById("num2").value);
            var result = num1 + num2;
            document.getElementById("result").innerText = "結果: " + result;
        }
    </script>
</body>
</html>

このコードをWordpressのブロック要素「カスタムHTML」を選んでペーストします。

完成したフォーム

足し算計算フォーム

足し算計算フォーム





このように、Javascriptを使用した計算フォームを作ることができます。

細かい見出しの文字などはコードを直接書き換えれば変更できます。

私はHTMLやJavascriptを一から書くことは苦手ですが、このように、Chat GPTを使って雛形を作ればそこから編集することはできます。

WordPressでこういった計算を実現するプラグインもありますが、この程度の簡単な内容であれば、プラグイン無しで実装したほうがシンプルで気軽です。

Webサイトに簡単な計算フォームを作りたい方には、Chat GPTを使うのはおすすめです。

よろしければ参考にしてください。

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA