カテゴリー
Food

国立新美術館近くの担々麺屋『蒼龍唐玉堂 龍土町』のランチがオトクで美味い!

国立新美術館で開催されていた佐藤可士和展を観たあと、ご飯処を探していて近くのこちらのお店に初めて入ってみました。

蒼龍唐玉堂 龍土町

ランチタイムのセットとして提供されていた、担々麺と小籠包のセットを注文。1200円でした。

担々麺と小籠包のセット(1200円)
小籠包

小籠包は生地が厚めで、ボリューム感がありました。

黒担々麺

メインはこちらの担々麺!白、黒、辛味噌、といった3種類が選べます。私はこの日は黒担々麺を注文。

決してしょっぱい訳では無く、濃厚な黒ごまの風味とコクのある肉味噌によって上品なスープに仕上がっていました。これはクセになる味!

ご飯もサービスしてもらえるので、お茶碗に半分ほどもらいました。

担々麺のスープで食べるご飯は最高ですね!

スープも、ついつい飲み干してしまいたくなるのですがそこはグッとガマン。

値段、ボリューム、味、共にとても良いお店でした。

また六本木の美術館に行く時などにリピートしたいと思います。

蒼龍唐玉堂 龍土町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA