関東大震災朝鮮人虐殺事件:ほうせんかの家と追悼碑を見に行きました

関東大震災の混乱の最中で起きた朝鮮人虐殺事件について、最近はじめてその詳細な内容を知り、衝撃を受けました。震災から100年が経とうとしている現在、この事件のさらなる詳細や、なぜこんなことが起きたのか?が非常に気になり、リサーチをしています。

先日、東京都墨田区八広にある「ほうせんかの家」と「関東大震災時 韓国・朝鮮人殉難者追悼之碑」を見に行きました。

その様子を写真でご紹介します。

「ほうせんかの家」とは?

関東大震災時に起きた、自警団・警察・軍隊による韓国・朝鮮人虐殺の調査をしている一般社団法人ほうせんかによる資料館兼交流の場所です。

「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼する会」の方々が主に関わられているようです。

毎週土曜日の13時から17時まで、追悼碑のある庭の隣の家を「ほうせんかの家」として開放しています。

私も2月の土曜日に急遽お邪魔したのですが、快く入れていただきました。

ほうせんかの家
表札が素敵でした
新聞記事の切り抜きがすごい

荒川放水路の調査をする中で、関東大震災朝鮮人虐殺事件を知り、「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し慰霊する会(のちに「~を追悼する会」)の初代代表となった絹田幸恵さん

証言や資料から事件の現場をまとめたマップ。すごいリサーチです。

本棚には関連資料が殆ど揃っているとのこと
独立新聞は韓国で発行されていたハングル語の新聞
コロナ前は様々なイベントが開催されていたようです
活動の様子が分かる写真がたくさん

韓国料理をつくるワークショップなども行われていたようです。

「ほうせんかの家」は、虐殺事件を風化させないという目的だけでなく、韓国文化を知ってもらうための交流の場所としても機能しているとのことで、それがとても素敵だと感じました。

近所のアーティストの方が描いた、追悼イベントの際の絵

気になった資料

「ほうせんかの家」にはたくさんの資料がありましたが、以下のものが特に気になりました。

関東大震災朝鮮人虐殺の記録: 東京地区別1100の証言

ほうせんか理事の西崎雅夫さんが集めた証言をまとめたもの。オリジナルと普及版があり、現在普及版の方は手に取りやすい価格で販売されています。

関東大震災朝鮮人虐殺の記録: 東京地区別1100の証言
オリジナルは厚さがすごい

関東大震災時の朝鮮人迫害—全国各地での流言と朝鮮人虐待

日本史学者の山田昭次さんによる著書。

震災が起きた東京以外の地域で、本件がどのように報道されたかをまとめた本。

関東大震災時の朝鮮人迫害—全国各地での流言と朝鮮人虐待

関東大震災朝鮮人虐殺—写真報告

フォトジャーナリストの裵昭さんによる写真集。

荒川での試掘調査の写真などが収録されています。

関東大震災朝鮮人虐殺—写真報告

羊の怒る時

小説家、江馬 修が関東大震災での体験を綴った記録文学。

羊の怒る時

TRICK トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち

フリーライター加藤直樹さんの著書。朝鮮人虐殺を否定する意見について一つ一つ丁寧に検証し、虐殺否定論がいかに間違っているかをを述べている本です。

TRICK トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち

加藤直樹さんの本では、『九月 東京の路上で』というブログをまとめた本がとても有名です。私もほうせんかにうかがうまえにこちらの本を読み、衝撃を受けました。

関東大震災の朝鮮人虐殺事件について知るための入門書ともいえる一冊です。

九月、東京の路上で—1923年関東大震災ジェノサイドの残響

隠された爪跡—関東大震災朝鮮人虐殺記録映画

呉充功(オウ・チュンゴン)監督による映像作品。

DVDなどになっておらず、イベントなどで上映される時のみ見られる作品のようです。

非常に見てみたいです。。。

隠された爪跡—関東大震災朝鮮人虐殺記録映画

追悼碑

正式名称は「関東大震災時 韓国・朝鮮人殉難者追悼之碑」。

ほうせんかの家の隣に立てられています。

関東大震災時 韓国・朝鮮人殉難者追悼之碑
2009年の9月に建てられたそうです
韓国の飾り
韓国の神さま?の像

ほうせんかの家では理事の方に色々教えていただきました。

とても良い場所なので興味がある方は足を運んでみて下さい。

INFORMATION

ほうせんかの家/関東大震災時 韓国・朝鮮人殉難者追悼之碑

住所:東京都墨田区八広6-31-8

一般社団法人ほうせんかのホームページ

https://housenka.jimdofree.com/

歴史や証言集なども掲載されています。

一般社団法人ほうせんか(ブログ)

https://moon.ap.teacup.com/housenka/

ほうせんかの家、週末の開放予定など最新の情報はこちらに掲載されています。

図書館で読んだ本メモ/流言や災害、ジェンダー問題などについて

今日は図書館へ行って資料を読み、次回作についてのリサーチをしていました。風評被害やうわさ、災害時のデマとトラウマ、ジェンダー問題など、本日読んだ本で印象に残っていたものをメモしておきます。

『流言とデマの社会学』広井 脩(著)

2001年の本なので事例がやや古いですが、流言とうわさの定義がわかりやすいことと、関東大震災のデマの解説などがとても詳細に書かれていてかなり参考になりました。

『自然災害とストレスマネジメント それでも僕らは歩み出す』磯野 清(著)

阪神大震災の際に自らも被災していながらも学校や地域の救援をしなくては行けなかった学校職員達のトラウマとケアについてリサーチした本。

かなりたくさんの教職員の方にアンケートを取っており、その回答がすごくリアルで胸が痛みました。

『よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門』清田隆之(桃山商事)(著)、死後くん(イラスト)

男性がよくやる失敗をジェンダーバイアスの観点から紹介・分析する本。自分もやったことのある内容が出てくると冷や汗が出ます。

合間に入ってくるコラムがとても読み応えがあり、ホモソーシャルやDVについての解説はかなり勉強になりました。

イラストや、マンガも入っているのでとても読みやすい内容です。

Header: Tide HeによるPixabayからの画像

日本橋ふくしま館MIDETTEへ

昨日は日本橋ふくしま館が主催している福島県産食材の物産展へ行ってきました。

まずは新宿御苑で開催中のこちらのイベント↓

「ふくしまマルシェ in 新宿御苑」

リンゴやノンアルコールのシードルがとても美味しそうでした!ただ、想像してたよりも規模が小さかったので、本家の日本橋ふくしま館へ行く事にしました。

その前に、新宿御苑のインフォメーションセンター内の「カフェはなのき」で昼食。こちらでも福島応援メニューがあったのでそれを注文。

【福島応援・エコクッキングメニュー】磐梯山ジオパークカレー(単品、スープ付き)¥720


ご飯が磐梯山の形になっています。

野菜がたっぷりカレー。甘みもあり、食べやすかったです。

日本橋(駅は三越前)へ移動し、「日本橋ふくしま館MIDETTE」

http://midette.com/

こちら、初めて訪問したのですが、広くて驚きました!

そして、販売している方々の熱意と活気がすごい!

日本酒や野菜、お菓子、味噌、伝統工芸品など、多種多様な福島県の名産がズラリと並んでいます。

こちらも品数の多さに驚きました!これほどの名産が福島にあったとは!

食べ物もどれも美味しそうで、心惹かれる物ばかりだったのですが、この日は以下のものを買いました。

よもぎ草餅
とても鮮やかなグリーンで、手作りのお餅。よもぎの風味がマイルドで美味しかったです。

しいたけ
ビニールに一杯に詰まって200円とかなりのお買い得!スーパーで買うと安くはないしいたけですが、こちらのMIDETTEでは中間の業者を通さない事で安く販売できるという事でした。

店員さん曰く、しいたけは冷凍保存も出来るという事ですので、次回はもっとたくさん買おうと思います。

黒にんにく
これもかなり安い!元気になれる黒にんにくが4個くらい入って600円でした。

他にも、野菜や、県内の専門高校生が作ったオリジナルのお菓子など、食べてみたい物がたくさん!

店内の奥では、飲食コーナーもあり、期間限定で様々なメニューを提供しているようです。この週末の限定メニュー、きのこたっぷりのけんちん汁セットもかなり気になりました。

次回はここでランチをするつもりで来ようと思います。

場所柄もあり、お客さんも次から次に来店していました。

ぜひまた行きたい!

風評被害のメカニズムを視覚化するプロジェクトに取り組んでいます

INSIGHT|きっかけ

私は普段、結構自炊をするのでスーパーで食材を買うことが多いのですが、同じ食材でも東北産と他の産地の物があった場合、つい、東北産を避けて購入してしまっていました。
東日本大震災、そして福島原発の事故から7年が経ち、特に被災地と縁があるわけでも無いのに、それにも関わらず「なんとなく」東北産の食材を避けてしまう。
食品の放射能にまつわる正しい知識や、検査のニュースをチェックしている訳ではないのに自分がこのような行動を取ってしまうのはなぜだろうか?と気になってきました。

そこで浮かんだのが「風評被害」というキーワードです。

震災の直後、食品や土地に対して散々ニュースになったこの言葉。
私がスーパーで冒頭のような行動を取ってしまっている根底には、震災後にニュースなどで目にした「風評被害」という言葉が未だに頭に残っていることが大きく関わっているのではないか考えました。

「風評」という直接的には目に見えない「イメージの力」が、これほどまでに自分を初め、人々の行動に影響を与えてしまうのは何故なのだろうか?
そのメカニズムを理解し、ヴィジュアル化する事で多くの人に伝わるようなヴィジュアルブックを作りたい、と思うようになりました。

VISION|達成したい目的

「風評被害」が起きるきっかけや拡散していくメカニズムを視覚化することで、多くの人に理解してもらい「出処のあいまいな風評にまどわされず、科学的根拠の確かな情報を一人ひとりが自分で探し、それに基づいて行動する社会」を目指します。

CONCEPT|方針

日本を中心に、過去の風評被害の事例を研究し、そのメカニズムを直接的、またはメタファー表現を用いてヴィジュアライズします。
多数のレイヤーによって構成される風評被害、その複雑な要素を視覚化してまとめるには、ページの集積や紙というマテリアル感を合わせ持つ「本」という形態がふさわしいと考えました。
まずはヴィジュアルブックの作成を目指し、インスタレーション形式での展示での公開も含めてプロジェクトを進めていきます。

TRIAL|具体的な取り組み

現在やっていること

1.風評被害にまつわる本を読む

そもそも「風評被害」とは何なのか?自分が明確に理解していないとプロジェクトには取り組めないので、まず、以下の2冊を読みました。
風評被害の専門家、東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任准教授の関谷直也氏による著作です。

風評被害~そのメカニズムを考える~(光文社新書)

「災害」の社会心理(ワニ文庫)

「災害」の社会心理 (ワニ文庫)
Posted with Amakuri at 2018.11.30
関谷 直也
ベストセラーズ

日本で起きた風評被害の代表的な事例や、風評被害とデマの違いなど、基本となる考え方を知る事ができ、とても勉強になりました。

2. 口コミのメカニズムについて調べる

厳密には風評被害とは異なりますが、人から人に情報が伝播する「口コミ」のメカニズムについてもリサーチしています。

例えば以下のようなサイトで、Twitterにおけるリツイートやメンションの関係性を視覚化する事ができます。

Hoaxy
https://hoaxy.iuni.iu.edu/

今後やっていきたいこと

実際に風評被害を受けた方からお話を聞いてみたいと思っています。
ご協力いただける方がおりましたら本ブログのコンタクト欄などからご連絡いただけるととても嬉しいです。

コンタクト(メッセージはこちらからお願いします。)
http://watanabedesign511.info/contact/

プロジェクトの進展は随時、このブログで紹介する予定です。