『粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展』を鑑賞。片桐さんのセンス炸裂の粘土作品から創作のエネルギーをもらいました!

東京ドームシティ、Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)で開催されている元ラーメンズ・片桐仁さんの粘土作品展『粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展』を観に行きました。

片桐さんらしさ溢れる濃厚な粘土作品からとてもエネルギーをもらいました。

巨大作品やインタビュー動画も含め大満足!

会場撮影可でしたので、写真で雰囲気をご紹介します。

入り口。

入場前に入り口脇にある旧チケット販売ブースに貼ってあるQRコードから、コロナ対策のGoogleフォーム登録をする必要がありました。

土曜日の10:00過ぎに会場に着きました。並ぶかと思ったのですがそんなこともなくすんなり入れて良かったです。

作品タイトルやキャプションも面白いので読み応えあります

これはかなり迫力ありました!
エレ片観音!「エレ片のコント太郎」からのリスナーとしてはグッとくる作品です

地域コラボ

縄文シリーズ

動画

こちらの動画がとても良かったです。

片桐さんへの20の質問、という形式で作品制作やアーティストとしての考え方などに応えてくれています。

「とにかく見て楽しんでもらえる作品を目指している」というのが、お笑い芸人かつアーティストの片桐さんらしい作家感で、すごく良いなと思いました。

イラストも上手!
大型作品のゾーン

アンガーマネジメント片桐号!エレ片のイベントの時に作られた作品。この時のラジオがとても面白かったので印象に残っています。すごい迫力!

FIATとのコラボ
実際に片桐さんは社用車としてこれを使っているそうです
運転席にも作品が!

公園魔

これが、今回のイベントのためにクラウドファンディングを募って制作された超大型公園遊具作品『公園魔』です!

タイルの部分には座ることができるのでフォトスポットにもなっています。

表面にも小さな顔が
裏側は怒りの顔になっています
ド迫力でした!

その他

こちらは、プラモデル雑誌『ホビージャパン』とのコラボ企画で制作された作品。プラモデルの廃パーツを組み合わせて顔になっています。

今回、会場がかなり広いので粘土作品だけではなく、片桐さんの学生時代の作品や自宅のモデルが展示されていて、より深く人となりを知る事ができました。

小学生頃の絵。この頃から上手でした
左が美術予備校で描いた自画像
部屋の模型
他のアーティストとのコラボ作品

お土産コーナー

お土産コーナーで販売されている粘土
展示とコラボしたカレー!

とても見応えのある展示なので、時間に余裕を持って観に行くことをオススメします。アートの持つ力を感じられる大変良い内容でした!!

ランチ:TOKYO MERCATO

ランチは東京ドームシティー内のTOKYO MERCATOというお店でパスタを食べました。開放感のある店内でとても気持ちが良かったです!

ランチセットのサラダ
牛肉をじっくり時間をかけて煮込んだラグーペンネ:ランチセット(1400円)
「illy」ブレンドコーヒー(500円)※ランチセットにはドリンクはついていません

illyが提供しているだけあり、コーヒーも美味しかったです。

この記事の撮影に使用したカメラとレンズ

カメラ:α7S

レンズ:FE 35mm F2.8

関連書籍

粘土道 完全版/片桐仁(著)

関連ラジオ

エレ片のケツビ!
https://www.tbsradio.jp/elekata/

エレ片のケツビ!Podcast

α7S「P(プログラムオート)」モードでもISO感度は設定が必要!

ホテルニューグランドに行った時にα7SFE 35mm/F2.8で撮影していたのですが、設定を勘違いしていてミスっていました、、、、

関連記事▶横浜の歴史を感じる「ホテルニューグランド」に宿泊。海が見えるレストラン「ル・ノルマンディー」で至高の食事を

気楽なので自動の「P(プログラムオート)」モードで撮影していたのですが、ISO感度がずっと200のままになっていました。

PモードでISO200のまま撮影してしまい、手ブレしてしまった写真

「P(プログラムオート)」モードの場合、シャッタースピードと絞りは自動で調整してくれるのですが、ISO感度など他の設定は手動で設定しないといけないようです。

「AUTO」表示のプレミアムオートモードであればISO感度も含めてカメラ側で自動でやってくれるようです。

ですが、「AUTO」モードの場合、α7Sの特徴であるシャッター音のOFFなどができなくなる模様。

基本的にはPモードで調整するのが良さそうです。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

ソニー SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL35F28Z

Header: Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

レトロカメラ × CAMERAer「暗くて明るいカメラーの部屋」 at 横浜

横浜市民ギャラリーあざみので開催されていた『あざみ野フォト・アニュアル 平成30年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 暗くて明るいカメラーの部屋 Guest Curator 野村浩』という展示を観に行きました。

横浜市民ギャラリーあざみ野で毎年開催されている、横浜市所蔵のカメラ・写真コレクション展「あざみ野フォト・アニュアル」。

2019年は写真家・アーティストの野村浩さんをゲスト・キュレーターに迎えて開催されました。

野村さんの写真をテーマにした3コマ漫画作品のキャラクター「CAMERAer(カメラー)」が案内役となり写真の仕組みや面白さを再発見出来るような異世界感のある展示になっています。

私は以前から野村さんの作品が好きで他の会場での展覧会なども観ていたので今回の展示もとても興味深く観ることができました。

写真で会場の雰囲気をお伝えします。

美術館外観に掲示されていたポスター。長島有里枝さんの写真展も同時に開催されていました。

展示会場の2階に上がると垂れ幕と、早速気になる巨大な黒い家が。

展示はいくつかのテーマに分かれています。こちらは「影」がテーマ。「CAMERAer」のコミックのキャラクター「MANBUくん」のシルエットが。

黒い家に入ってみると。。。

カメラ犬のシルエットが!

黒い家の後ろにあるこちらの絵が、ピンホールカメラの原理で家の中に投影されています。家の中で見られる影はこちらのオリジナル絵に対して、上下左右が反転した絵になっています。

カメラとレンズの仕組みを実感できるインスタレーション!

カメラ犬。かわいいですね

壁の至る所に貼られている「CAMERAer」の3コマ漫画。文字が切り貼りされているのが昔の写植っぽくて雰囲気出ていますね。

18世紀のシルエット作品。

様々な変わり種カメラ。このカメラを構えている姿を写真に撮りたくなりそうですね。

こういった滅多に見る機会の無い古いカメラがたくさん展示されています。

ガンダムに出てくるモビルスーツ用のなデザインがかっこいい
鳩時計ならぬ鳩カメラ。軍の偵察用などに使用するのでしょうか
展示風景

自転車に設置されたカメラ。最初期のドライブレコーダーのような物ですね。この自転車を上手く漕ぐのが難しそうです。

LeicaやPolaroidなど、今でも人気のあるブランドのレトロカメラ。

スパイ用のカメラたち。直方体の辞書の様なカメラが珍しい!
「コダック・マッチボックスカメラ」などの超小型のカメラ
写真館で使われている様な大判カメラ

ドライフラワーで飾られた肖像写真。当時は写真の周りを様々なオブジェで装飾する文化が一般的だったようです。

立派なアルバム。鏡などもついている表紙の素材感がド迫力!

多眼カメラとそれを使用して撮影された写真。現在のスマートフォンで採用されている多眼カメラの発想はすごく昔からあったようです。

ブリキ板に写真を写す「ティンタイプ」という技法で撮影された肖像写真。

アルバムもとても小さくてミニチュアみたいでかわいい
展示風景

様々な双子の写った写真。双子という被写体は昔から写真家に取ってとても興味を惹くテーマのようです。

まるでバズーカのような超望遠レンズ
テーマ「鏡」の展示風景

ステレオグラムになっているカラー写真。実はこちらカラーフィルムが生まれる前の時代の物。なぜカラーになっているかは裏側に回ると。。。

なんと水彩絵の具で直接彩色されています!

様々な2眼カメラ

壁に展示されているのは野村浩さんの作品「Doppelopment」。自身の一人娘を合成・加工して写真の中だけに存在するもう一人の娘を撮影したシリーズ。こちらの作品もとても好きです。

展示風景
昔の手鏡
テーマ「ステレオ」。キャプションのフォントも独特なデザイン

パノラマ写真のコーナー。

「万里の長城」。パノラマ写真にぴったりの被写体で迫力抜群でした
パノラマ撮影用のカメラたち
左に見える宇宙船のようなカメラが、とてもかっこよくて気になりました
テーマ「宇宙の暗箱」

以下は野村浩さんによる映像の作品。

古い写真の前にいるMANBUくん。背景の写真ははっきり見えていてMANBUくんの輪郭はボケています。奥にピントが合うと手前にあるオブジェクトがボケるというカメラの被写界深度の仕組みを応用したとても面白い映像!

構造としては2枚の絵が重なっているだけなのでものすごく平面的なはずなのですが、カメラや写真の仕組みを脳が認識してしまっているので空間を感じます。

MANBUくんの見え方は変わらず、奥の写真がズームイン・アウトなどするので見ているこちらの遠近感覚が揺さぶられます。

さらにこの映像にはスクリーン自体に仕掛けが….

実はスクリーンが蓄光シートになっていて、スライドが切り替わる際に直前のイメージが残像の様に残る様になっています。

自分の脳に刻まれたイメージを見ているようで面白い!

映像の部屋の外にある写真の残骸

大変珍しいレトロなカメラと、野村さんのキュレーションによる写真の仕組みを体験させるような仕掛けがとても上手く組み合わされていて大変見応えのある展示になっていました。

来年も開催されるようでしたら、次回はどのようなアーティストとコラボレーションするのか楽しみです。

館内の案内も野村さんのデザインになっていて、楽しく回れました。

サービス精神たっぷりの野村さんによるお土産もたくさん販売されていました。私が購入したのはこちら↓

CAMERAerに登場するキャラクターのキーホルダー。大きくて満足感がありました。


information

あざみ野フォト・アニュアル 平成30年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 暗くて明るいカメラーの部屋 Guest Curator 野村浩

展覧会webサイト:https://artazamino.jp/event/azamino-photo-20190126-collection/

作家:野村浩(Hiroshi Nomura) http://www.exdora.jp/

SONYのミラーレスカメラ、α7Sを落として傷つけてしまった。。。

先週末、SONYのフルサイズミラーレスカメラ、「α7S」と単焦点レンズ「FE 35mm F2.8」を購入しました。

週末になったので、早速近所の公園にテスト撮影に。

取り敢えず、家にあった安いストラップをつけて撮影していたのですが、帰る途中に、、、

なんと、ストラップがほどけてα7Sをアスファルトの地面に落としてしまいました!

焦って拾ったのですが、ピカピカだったα7Sと、FE 35mm F2.8にこんなに傷が、、、

α7S外装のキズ1(Huawei P20で撮影)
α7S外装のキズ2(Huawei P20で撮影)
FE 35mm F2.8レンズフードのキズ1(Huawei P20で撮影)
FE 35mm F2.8レンズフードのキズ2(Huawei P20で撮影)

かなり落ち込みました。

恐る恐る、撮影をテストしてみると、、、

α7S + FE 35mm F2.8で撮影
α7S + FE 35mm F2.8で撮影

なんとか撮影出来ました!

レンズフードをつけていたおかげで、レンズへのダメージがいかなかった事と、ストラップが徐々にゆるんだ事からゆっくり落ちていった事が不幸中の幸いだったのかもしれません。

もしかしたら、今後使っているうちに調子が悪くなる所が出てくるかもしれないので、もう少し様子をみてみようと思います。

ストラップはつけるのであれば、しっかりとつけないとこういった事故が起こりますね。。。


ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

ソニー SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL35F28Z