カテゴリー
Book_Making

本作り日誌:ナイロン樹脂へのサーフェイサースプレーがけ

3Dプリントした表紙のサンプルを白く塗り直す作業にトライ。

1.ナイロンプライマー

2.グレーのサーフェイサー

3.白のサーフェイサー

の順でスプレーしていく。

元の状態。このままだと素材感が強すぎた
グレーのサーフェイサーを数回かけたところ

プライマーが不十分だったのか、なかなかスプレーが乗らない…

白サーフェイサー(途中)

白いサーフェイサーは、スプレーして5分乾かし、またスプレー、という工程を6回くらい繰り返しましたが、まだ下地が見える。

調べたところ、白はファインサーフェイサーという仕上げ用のものだったようで、粒子が細かい分、ムラになりやすいとのこと。動画などを見るとモデルを手で持って、角度を変えながら吹いているのでそれを試してみようと思う。

サンドペーパーをかけたので明日さらに仕上げのスプレーをしようと思います。

2021.02.24追記

模型屋さんに聞いたところ、ムラが出たのは、グレーのサーフェイサーが不足しているから、との事。

まず、缶の振り方から教えてもらいました。

普通にシェイクするだけだと混ざらないらしく、天地を逆にして、さらに振るのが大事とのことです。

グレーのサーフェイサーを20〜15cm離してスプレー。

冬時期は一時間程度乾かして塗り重ねる方が良いそうです。

スーパーで魚を販売しているプラスチックトレーなどが質感が似ているので、それでテストしてみたらどうか?との事だったのでテストしてみたい。

作成者: Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA