『ゴジラ-1.0』を映画館で観ました。感想をご紹介します。
ネタバレ含みます!

見ようと思った理由

イオンシネマワタシアタープラス(年会費400円)というサービスに入会したところ、1200円で鑑賞できるクーポン券をもらったので、評判の良いこの映画を見ようと思いました。

作品について

生きて、抗え。
焦土と化した日本に、突如現れたゴジラ。
残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか。
ゴジラ七〇周年記念作品となる本作
『ゴジラ −1.0』で
監督・脚本・VFXを務めるのは、山崎貴。
絶望の象徴が、いま令和に甦る。

映画『ゴジラ-1.0』公式サイト https://godzilla-movie2023.toho.co.jp/

破壊の描写がすごい!

とにかく、破壊の描写がすごかったです!
戦艦、ビル、電車、など戦争から復興しつつあった東京の街をゴジラがこれでもか、と破壊します。
その迫力がすごくて圧倒されました!
怪獣映画は、ものすごく久しぶりに観たのですが、ゴジラの清々しいまでの破壊ぶりを見ていると、衝撃を受けながらもどこかスカッとしますね。
ゴジラのサイズが大きすぎないのも良かったです。ビルと同じくらいのサイズなので、より、現実感があるというか。
ゴジラが口から放出する破壊光線のシーンも非常にかっこいいです。

男!男!男!

戦後の話で、軍隊なども絡む内容なので、とにかく男性が大量に出てきます。
「男たちの大和」のゴジラ版のように。
劇中で活躍する人物の9割くらいは男性なので、そこに共感して、かっこいい!となるか、現代的な視点で見て、うーむ、となるか、人によって評価が分かれそうです。

ストーリー部分はエンタメ性重視

ゴジラが登場するパートとストーリー(日常)パートのコントラストが結構あります。
ストーリーパートはそんなに奇をてらうことなく、オーソドックスなエンタメ作品、という構成でした。

アクションシーンを楽しむ作品ですね。

ゴジラを倒す作戦が面白い

民間組織がゴジラを倒す作戦を立てるのですが、その作戦自体は「なるほど!」と思いました。
ただ火力でやっつけるのではなく、科学的な根拠が説明されていて、実行のシーンもワクワクしました。映画館で見る意味がある作品

ゴジラの迫力がメインの作品だと思うので、映画館の大きなスクリーンで見てとても楽しめました!
気になっている方はぜひ公開中に映画館に足を運んでみてください。

満足度

85点/100点満点中

Header: ThomasによるPixabayからの画像

投稿者 Shu Watanabe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA